適当に着てもオシャレになる人とならない人


意識せずともオシャレな服装になる人がいる。

顔が良いとかスタイルが良いからとか、そういうのではなく「クローゼットから適当に選んだだけだよ」と言いながら、色やサイズや着こなしが上手にできている人。

中学時代に仲の良かった女の子がそういう子だった。

大学生のある日、原宿でファッションスナップに遭ったという。

いきなり写真を撮られて「すみません。non-noなんですが、写真撮らせてもらえませんか?」と声を掛けられて「え、イヤです」と断った。

「それじゃ、このまま(さっき撮った適当な写真を)掲載させてもらいますね」

「困ります」

「それじゃ、ちゃんと撮影させてください」と半ば脅迫され、いやいやながら応じた。

「これ、雑誌に乗るんですか?」と訊くと

「沢山撮った中から選ぶので、それはわかりません」と言われて、少し安心したものの、結局は半ページ使った大きな扱いで掲載された。

「載ってたの見たよ」と連絡すると

「本当に迷惑。あれ、友達の家での飲み会帰りだったの。着ていた服のブランドのアンケートには全部知りませんて書いたのに、(編集部が)調べて書いてあるし、友達みんなに『これ、あんたが一番手抜きしてるときの恰好じゃんwww』て突っ込まれるし」と、本当に嫌がっていた。

その時の恰好は、アウトドアブランドのフリースを着ての、パンツスタイルであったと記憶している。確かにその辺をウロウロするだけの恰好に見えた。それでも、とってもオシャレに見えた。

“適当に着てもオシャレになる人とならない人” の続きを読む

目利き


道を通りながら、前を通過した飲食店から美味しそうな雰囲気を感じることがある。
気になるので検索して調べると、良店であろうことがかなりの割合となってきた。
その、店から感じる美味しそうな雰囲気を、端的に「オーラ」と表現しているのだが、先日「店のオーラってなんですか?」と質問された。

ラーメン王石神秀幸氏はラーメン屋を見て美味しいかどうかわかるようになっているという。
ある食べ歩き人は「美味しい店の前に来るとメガネが曇る」という表現を使う。
尊敬する中学からの友人も、店の前や店に入った段階で「この店、やるな」とか「いいにおい(ムード)があるね」という。

積み重ねてきた経験と観察眼によって、美味しい店を察知できるようになっているのであるが、それらは複雑で複合的なものであって、明文化できるものではない。
挙げていくならば、単純に漂ってくる匂いだったり、店構えへの配慮だったり、客が美味しく食べている雰囲気だったり。

ファッションで言えば、パッと見て服の仕立ての良さを感じられるかどうか、みたいなところがある。
わからない人にはまるでわからないものだ。
“目利き” の続きを読む

smoothday 着心地の良さを発見する服


しばらく前にsmoothdayというブランドと共に、ここの服を創る杉原淳史というデザイナーに出逢った。

ファッションに飽いていた自分が、ファッションを見直す事になった。

かつて色んなブランドの服を”買ってみて”いた。ブランドのスタンプラリーみたいな感じだった。最も多く買った同じブランドの服でも4,5点だったと思う。ところが今一番多いのはsmoothdayだ。15点を超える

smoothdayのことを簡単に書く。詳しくはネットで漁れば出てくる。
文化服装学院を卒業した杉原淳史氏は、サンローラン等でモデリストとして働いた。
その時に、小野莫大小工業の布と出逢ったという。
勤務先の他のデザイナーが、ここの生地を使った服を着ていたらしい。
(生地の端切れが出た時に、真っ先に自分用の服を作りたがる生地でもあったらしい)
「なんと素晴らしい生地だ!でもこんな値段では、みんなが買えやしない。
それではいずれ、こんな素晴らしい生地が廃れてしまう?そんなことはあってはならない」
ファクトリーブランドであれば、この極上の高級生地でもリーズナブルに世に出せる。
そう思って彼は小野莫大小に自分を雇ってデザインさせてくれないかと直談判した。
(実際、その品質からすれば驚くほど抑えられた値段である)
小野莫大小の生地を使うファクトリーブランドとしてsmoothdayを創立した。
今も彼は、小野莫大小工業の一従業員である。

smoothdayの服の最大の特徴は着心地である。
彼は食べ物に喩えた。
「美味しいものって食べたらわかるじゃないですか。うちの服もそうなんです」
試着すると、みんなその言葉の意味を理解する。
“smoothday 着心地の良さを発見する服” の続きを読む

sol-design休止の理由


 

この冬、札幌へ行くにあたり、久しぶりにsol-designのトレーナーを着た。(カットソーは毎年着ている)

(かつてのsol-design記事

寒冬の札幌をものともしない保温力に驚き「そうだ、東京で着るには熱いから着てなかったんだ」と、着ていなかった理由を思い出した。

コットンなのに、完全に防寒着。

 

カットソーを買いたいという方も現れ、個人的にもこのトレーナーの再購入したいと思い、sol-designの方に在庫はあるかと葉書を送ったが返事は無かった。

戻ってこないので届いてはいるのだろうと、電話をしたところ、通じた。

 

新しいお仕事に取り組まれているようで、お忙しいようす。

カットソーのことをうかがったが、縫製工場に商品をパクられたので製造を止めたそうだ。

ほんの少しデザインを変え、S/M展開の上千円引きでネット販売されたという。これでは商売にならない。

Tシャツで有名な四国の工場だそう。工場に問い詰めると「アパレルではよくあることですから」としれっと言われたとか。

その後、知人を頼りオリジナルの生地を持ち込んで縫製を依頼したところ「この生地をうちにも譲ってくれないか」と工場側から持ちかけられたが、パクりを懸念して断ったところ「それならおたくの商品製造はしない」と決裂。

その後いくつも工場を探したが、そこ程の縫製技術のあるところが見付からず、休止に至ったとのこと。

「UGさんが、ブログで紹介して下さったおかげで、縫製品質のハードルがあがってしまって…

あれ以上でなければ、sol-designの商品として販売できませんから」

と苦笑いされていた。

 

工場の裏切りによって、価値ある商品が失われたのは、とても残念なことだ。

しかし、今後もシャツ等の商品開発は考えているそう。それを楽しみにしている。

“sol-design休止の理由” の続きを読む

久々の東コレ見学感想2012秋


2年ぶりに、東京コレクションを見に行った。

投稿の間隔から、かなりファッション離れを起こしていることはおわかりだと思う。

いくつも理由はあるが「ファッションが価値を持つコミュニティに生きていない」ことが一番の理由だと思う。

学生時代はみんな立場が同等であり、異性にモテることに大きな動機があり、そのために見た目のカッコよさと面白さが価値を持っている。カッコよさを大きく補強するのがファッションだ。

そして自分の望む友人コミュニティを選択できる。ファッションはそのエントリーチケットだ。

ところが社会人になると、仕事での人付き合いが主になり、そこでは冒険的な服装は価値を失う。むしろ評価を貶めかねない。

また、人の評価指標が、言動と業務能力へ大きく変化する。特に「仕事できる」「仕事できない」での人物評価は恐ろしい程強力だ。

ファッションは保守的を求められ、その上で人物評価のゲートではあるけれど、しかしそれだけでしか無くなる。

日本の一般社会人には服飾文化が存在しないからだ。

ファッションを評価できる人間が役職者にいないのだから、それは価値を持たなくなる。

所長、支店長、部長らが吊しの安物スーツを着て、ポリ生地のシャツを着て、履き捨ての合皮靴で仕事しているのだから、これで”グローバル”だとか言い出したら、笑い話に……してはいけない。

そんなわけで、ファッションへの主体的な興味は失せてしまっている。

で、枕が長くなったが、東京コレクションの話。

“久々の東コレ見学感想2012秋” の続きを読む

ノーザンプトン シューファクトリーアウトレット購入記


(画像はクリックで大きくなります) (旅行時1£=126円)

Twitterで随時つぶやいていましたが、ノーザンプトンのファクトリーアウトレットまで革靴を買いに行ってきました。

参考にしたのはこちらの地図(pdf)

GoogleMAPでは通りまでしか出てこないので、ストリートビューで確認しておくといいですね。

ノーザンプトン駅から回れるのは、チャーチ Church’s、トリッカーズ Tricker’s、クロケット&ジョーンズ Crockett & Jones、ジョン・ロブ John Lobb、エドワード・グリーン Edward Green

です。Cheney、GRENSON、Barkerは車でないと行けなそうです。

クロケットは金曜の午前中と土曜の午後しか営業していません。エドグリは事前予約が必要らしいです。

今回は土曜朝のフライトで帰国でしたので、旅行最終日の2012/10/5 の金曜に行きました。 “ノーザンプトン シューファクトリーアウトレット購入記” の続きを読む

アンリアルなファッション~ANREALAGE~


東京オペラシティ アートギャラリーでの「感じる服 考える服」を見てきました。
内容的には、こちらを見れば充分かなと思います。弐代目・青い日記帳「感じる服 考える服」
服の展示数はプアです。SASQUATCH fabrixは服じゃないし。

色々疑問はあったのですが、サブタイトルが東京ファッションの現在形とあり、なるほどねと思いました。
東京では過去にもこういうデザインやっているとこあったし。

さて、中でも特に気になったのはANREALAGE。
real、unreal、ageをミックスしたネーミングだそうですが、実物という意味ではリアルですが、ファッションとしてはアンリアルだなと思いました。

彼の作品は”服”ではありますが、残念ながら”ファッション”には成り得ていないなと思います。
ファッションは人が生活するときに着るものです。
人が着て、動いたときに完成するものです。

ANREALAGEは、それが成り立っていない。
2009年春夏の「◯△□」は、球体、三角錐、立方体に合わせた時にわかる服。
その後「凹凸」のコレクションでも、デコボコした型に嵌めた時にわかる服。

過去のコレクションを見ると、そのような或る規定の型に嵌めたときに完成する服ばかりを作っています。

“アンリアルなファッション~ANREALAGE~” の続きを読む

モードを鬻(ひさ)ぐ者と贖(あがな)う者と


計画的陳腐化というのは、マーケティングの用語であり手法。

企業は、標的市場にプロダクト導入していく立場にありますが、この陳腐化を計画的に発生させ買い替え需要を喚起させようとします。
これを、計画的陳腐化といいます。

計画的に陳腐化させて買い替え需要を喚起するためには、プロダクトに対して上記三つの計画的陳腐化のどれかを用いて陳腐化させねばなりません。
そうしないと、売上が上がらなくなります。

計画的陳腐化には三つあります。
物理的陳腐化と機能的陳腐化と心理的陳腐化です。

計画的陳腐化で需要喚起。物理的陳腐化・機能的陳腐化・心理的陳腐化 より

 

モードというのは、計画的陳腐化の中でも心理的陳腐化を最大限に用いたビジネス手法。
定期的に新しいデザインを提案し、以前のデザインを古くてダサくてみっともないようにしていく。
手持ちの服は全然消耗していないのに、新しいデザイン的魅力やトレンドによって次の服を買うよう強迫される。
“モードを鬻(ひさ)ぐ者と贖(あがな)う者と” の続きを読む

プレタポルテはオワコンか


オートクチュールがまだ権威を保っていた頃、そこに夢を見ていた庶民は、ライセンス商品という形でそれに触れていた。
やがてプレタポルテ(高級既製服)が主流へと移り変わり、オートクチュールが失墜していった。
現在オートクチュールは、絶滅保護種を守るかのように、手厚い看護の元で生き長らえているような状態となっている。

オートクチュールブランドはそのままプレタポルテを展開した。
(プレタポルテという言葉には高級既製服というイメージがあるが、現在の殆どのブランドには高級既製服というイメージは薄い。
デザイナーズ既製服という感じだろうか)
庶民が手を出せるプレタポルテではあったが、ライセンスビジネスという手法は残った。

かつてのオートクチュールブランドのライセンスが、ブランドステータスを身につけるような感じであったのに対し、現在の多くのライセンス商品は、そのブランドのステータスよりも、ブランドの世界観を様々なアイテムにも広げるようなものになっているように思える。
ファストファッションブランドとコラボするといえば聞こえはいいが、あれはステータスのある、ごく数少ないデザイナーに許された、現代のライセンスビジネス形態だと思っている。

クチュールからプレタに替り、プレタから単なるデザイナーズに替り、モードから高級感が消えつつある。

この10数年、ユニクロやファストファッションに引き摺られ、服の相場は著しく下がっている。
しばらく前にマルジェラマルニさんのこの記事を読んだとき、嗚呼と思った。

僕がブラックフリースのカーディガン↓を待ち受けにしているのを見て
「これいつも着てるやつですね。」
「そうそう。」
「なんで服が待受けなんですか!?」
「服が好きなんだよねえ。」
なんて話をしているうちに、やはり会話は
「これ、高いんですか?」的な流れに。

「ま、まあ、それなりに(^^;」
などと濁していると、一人の子が屈託のない笑顔で尋ねるわけです。
「ひょっとして1万とかするんですか!?」と。。。

あの時、目を伏せる以外に、僕には何ができたでしょうか。
ドM「汚れっちまった悲しみに」

現在30歳を超える私たちが、バーゲンに並んで手に入れたようなデザイナーズ服はどんどん購買層が縮小し、それらが売れないもので、”セレクト”ショップと言うには相応しくないセレクトショップと呼ばれる店は、デザイナーズ服よりは安く、品質も(ユニクロ未満の)まあまあで、小洒落た服を作って売っている。

そもそもモード服を買う層は少ない中で、高級服が売れなくなり、それはつまり利益を圧迫する。
今デザイナーズブランドのデザイナーはどうやって糊口を凌ぐのか。
利益確保の為にかネット自販を始め、チャネル拡大の為かZOZOのようなインターネットショップでも販売を始めた。
雑誌は部数を減らし、TVは視聴者を減らし、どちらも訴求力は低下中。
インターネット程、低コストで多くの人に訴えられるメディアは、他にない。

世界のデザイナーズブランドにおいても日本は最大のマーケット。
ここで売れないと生きていけないようなマーケット。

GWに九州を訪れEuphoriaのKaizeさんと話をしたが、今の日本の新興ブランドは本当に吹けば飛ぶような売上のブランドばかり。
スターデザイナーはしばらく生まれていない。
現在確たる地位を築いているデザイナーズブランドのデザイナーが逝去すれば、泡沫ブランドばかりになるのではないか。

元々なぜランウェイショーがあったかというと、顧客に見せる為であり、その後はプレスに見せて情報拡散して貰うためであったが、ネットを使えば全世界に配信できる。
東京コレクションも自力では立てず、国の助成で生きながらえていだが、ついには外資頼みに陥った。

日本ファッションを官民一体で世界に発信してきた東京コレクション(東コレ)が独自動車大手ダイムラーの出資を受け、今秋から「メルセデス・ベンツ」の冠イベントに衣替えする。国際宅配大手の独DHL、化粧品大手の仏ロレアルなどからの出資も受け入れ、外資主導の運営にかじを切る。経済産業省の財政支援の打ち切りなどによる資金難を外資との提携で乗り切る。

東コレ実施組織の日本ファッション・ウィーク(JFW)推進機構は、関連行事などを含むイベント全体にメルセデス・ベンツの名称を冠することでダイムラーと基本合意した。今後、ダイムラーが東コレの最大スポンサーとなる。

当面、年約6億円の事業費の半分弱を外資からの出資で賄う見通し。東コレは国内のデザイナー育成やアパレル産業振興を優先し、これまで外資とは距離を置いていたが、初めて受け入れる。

東コレは日本人デザイナーの自主的な合同ショーが母体で1980年代には三宅一生、山本耀司、川久保玲各氏らが参加し世界から注目された。

だがバブル経済の崩壊で有力デザイナーの撤退や海外流出が相次ぎ低迷。テコ入れのため2005年から経産省が事業費の半額を負担する官民一体の形に切り替えたが、政府の事業仕分けにより10年度で財政支援が打ち切られ、資金難に陥っていた。

東京コレクション、外資頼みで衣替え 「ベンツ」を冠に:日本経済新聞

もう高級既製服という意味でのプレタポルテは、ほぼ壊滅的であり、コレクションさえ資金補助がなければやっていけないような状況。
オートクチュールの後を追っているかのようだ。
プレタポルテやコレクションビジネスは、オワコンに向かっているのではないかと思える。

=PR=

食べ始めると止まらなくなります。一袋くらい食べちゃいます。UG保証。

送料無料も嬉しい。ぜひ二袋くらいまとめて買って食べてみてください。

良し悪しでなく、活かす道を考える。


久しぶりの投稿です。
服のネタが無かったのと、もっぱらTwitterばかり使っていました。

この2年程日本酒を徹底的に飲んでいるんですが、そこから服にもつながる発想がありました。

酒もそうですが、服も使い方、使いどころなんですよね。
つまり、酒が冷・燗で飲んだり、食事に合わせるように、ある一つの服飾アイテムはそれだけで着るわけでなく、
他の服と合わせて、コーディネートのワンピースとして存在するわけです。

これ、当たり前といえば当たり前なんですが。

ただ、服が単体で目の前に単体であっても、そこからその服のコーディネートを想像する事って、オシャレに修熟した人の技術だと思うんです。
目の前に、それだけで素敵だと思う服があった!でも、手持ちの服とどう合わせたらいいかわからない…
思っていたより、ベストマッチする服ではなかった。
なんてことありませんか?

例えば、ツマミもなしの単体で魅力的な酒ってあるんです。
でも、単体ではイマイチだったけれど、食事と合わせたらとってもよかったって酒もあるんです。

パーカーポイントみたく、単品に点数は付けられます。でも点が全てじゃないんです。

そう考えると、多分お店に置いてある服って、きっとそれが活きるコーディネートがあるんです。
服単体の完成度や良し悪しを語ること(そんなん食材説明書みたいなもの)より、その活かし方を提案する事が、きっと大事な販売員の仕事だと思うんです(調理法)。

目の前のお客さんの着てきた格好がありますよね?
そのボトムスやトップスに合う服を、店の商品から選んであげたらどうでしょう?
迷っていたら、このシャツを着るときは、こんな格好やこんな格好がイイですねって提案してはどうでしょう?
お客さんの好みも体型もあります。それを鑑みつつ、オススメの服の着方を提案する。

客としては「今日のシャツに合うボトムを選んでくれませんか?」
「普段はこんな格好ですが、それに相応しい服はどれですか?」
「この商品が気に入ったんですが、これに合わせるのってどんなのがいいですか?」
「(自分の手持ち服を説明して)そんなのに合いますかね?」

そんなコミュニケーションが、販売員と客との良いコミュニケーションなのではないかと思ったのです。

=PR=

驚異の日本酒です。さんざん何百種と日本酒を飲みましたが、1867円でこのウマさはとんでも無い。

送料530円を足して、ようやく味に相応しい価格です。

俺に騙されて買ってみて欲しいです。レンジでぬる燗にして、なおヨシ。