ファショコン通信公式ブログ

ボッテガ・ヴェネタ ハマー美術館の第12回「ガラ・イン・ザ・ガーデン」を祝賀


カリフォルニア州ロサンゼルス – 2014年10月11日土曜日、ハマー美術館で第12回「ガラ・イン・ザ・ガーデン」が開かれ、アーティストや慈善家、ギャラリー経営者、コレクター、有名芸能人が出席しました。年に1度開かれるこのイベントはチケットが完売し、集まった250万ドルの寄付金は名声を誇る同美術館の展覧会や無料で提供される公開プログラムの運営に当てられます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

屋外にある優雅な中庭で開かれた今回の「ガラ・イン・ザ・ガーデン」は、アーティストのマーク・ブラッドフォードと、音楽家であり文化的アイコンでもあるジョニ・ミッチェルの栄誉を称え、ブラッドフォードについてはベストセラー作家であり美術歴史家であるサラ・ルイスが、ミッチェルについては映像監督、脚本家でもあるキャメロン・クロウがそれぞれその功績を称えるスピーチを行いました。ディナーの後にはシンガーソングライターのシアが3曲を披露し、ガラに参加したゲストを楽しませました。司会役にはダナとエド・ルシェ、また女優のエミリー・ブラントと俳優のジョン・クラシンスキーが指名されました。

ハマー美術館のアン・フィルビン館長と、ボッテガ・ヴェネタの社長兼CEO、またケリンググループのクチュール&レザーグッズ部門のCEOであるマルコ・ビッザーリが出迎える中、著名人らは着席ディナー前のカクテルとオードブルを片手に、ジム・ホッジズの「Give More Than You Take」、ロバート・ハイネッケンの「Object Matter」、また「Mandala of Compassion」を含む美術館の展示を楽しみました。

■著名人ゲスト:
ジュリア・ロバーツ、デミ・ムーア、ゾーイ・サルダナ、ケイト・ボスワース、ウィル・フェレル、ジャニュアリー・ジョーンズ、オーランド・ブルーム、ジャック・ブラック、ラシダ・ジョーンズ、エリザベス・バンクス、ジョン・バルデッサリ、エヴァン・レイチェル・ウッド、ジム・キャリー、ディアナ・アグロン、レナード・ニモイ、サム と アーロン・テイラー=ジョンソン、アシュレー・オルセン、クリス・バーデン、エミー・ロッサム、リズ と トニー・ゴールドウィン、ダグ・エイトキン、カラ・ウォーカー、ジョーダナ・ブリュースター、コモン、キャサリン・オーピエ、アンジェラ・リンドヴァル、モリー・シャノン、オリヴィア・サールビー、トーマス・デマンド、リタ・ウィルソン、マイク・ミルズ、キアナン・シップカ、バーバラ・クルーガー、トレーシー・エリス・ロス、パイパー・ペラーボ、タルーラ・ベル・ウィリス、ケイト・ミュラヴィー、ラリ・ピットマン、エリック・ガルセッティ市長、マット・グレイニング、スコット・スタンバーグ、リサ・アイズナー、ジム・ホッジズ、エリザベス・ハマー、キャサリン・ロスとジェーン・リンチ

■ハマー美術館について
カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)が管理する公立美術機関で、あらゆる時代の多様な芸術表現を探求するための美術館です。芸術家は文化および社会のあらゆる面において極めて重要な役割を担っているという認識の元、美術や建築、デザインの分野で、古典から最先端のものまで幅広いコレクションを所蔵、展覧会、プログラムを展開しています。
ハマー美術館は文化の拠点として、一年を通じて無料の公開プログラムを幅広く提供しています。プログラムは講演や朗読会、シンポジウム、上映会、音楽会など多岐にわたります。
全ての展覧会への入場、ならびに公開プログラムは無料となっています。詳しくは公式ホームページをご覧ください。
http://www.hammer.ucla.edu/

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed