ファショコン通信公式ブログ

メルコ・クラウン・エンターテインメント、着物の存続を推進する 「Dare to Dream Design Awards」を開催


~日本の伝統的な芸術・文化に対する評価を高め[若き世代・才能]の育成に取り組み続ける~

2014年10月29日、日本 – 世界的な統合型リゾート開発・運営会社であり、フラッグシップ統合型リゾート施設である「シティ・オブ・ドリームス」、および世界最大規模のウォーターショー、「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」を有するメルコ・クラウン・エンターテインメント(以下「MCE」)は、「Dare to Dream Design Awards」を開催し、応募作品から選ばれた、着物からインスピレーションを得た作品100点を、Tokyo Designers Week 2014にて展示中です。「Dare to Dream Design Awards」は、MCEの文化の推進を目的とした「着物×きもの×KIMONO」プロジェクトの一環であり、日本文化の至宝を永続させ、その創作を未来につなげることを目的にスタートしました。このプロジェクトは芸術およびイノベーションの分野において新たな才能を育てることをねらいとした、メルコ・クラウン・エンターテインメントの代表的なCSR活動「Dare to Dream」の1つに数えられ、それぞれが専門とする分野において著名な作品に触れることが将来への希望を抱くことにつながる、という考えに基づき行われています。
38231_ZUCJxbnNdU
世界的な統合型リゾート運営会社として、MCEは常に文化遺産の存続と発展に重きを置いてきました。今回の「着物×きもの×KIMONO」プロジェクトは、ライフスタイルの変化に伴い需要が減りつつある着物の生地を現代の用途に適用し存続させていくことを目的とした取組みです。これまでの伝統的な衣服としての着物の機能を超えて、現代そしてこれからの未来に合わせた革新を促すことによって、着物の生地とその芸術性を今後も継承していくために立ち上げられました。

今回応募された作品は1,000点を超え、その中から選ばれた100点が10月25日から11月3日までの期間、Tokyo Designers Week 2014にて展示されます。これら100点の作品はコシノジュンコ氏をはじめ、山縣良和、三原康裕、廣川玉枝, 串野真也, 清川あさみ、HDMI ( Human Dwelled-In Monitor Inside )、猪子 寿之、Ross Lovegroveといった国際的に著名なトップデザイナーやアーティストにより構成される審査委員が着物から着想を得て制作した作品とともに、展示されます。「Dare to Dream」最優秀者には、Junko Koshino社でのインターンシップ、そして日本最大のファッションとデザインの合同展示会「rooms30」でのスペシャルブース出展など、一生に一度しか経験することのできない機会が与えられます。

Tokyo Designers WeekのオーガナイザーであるデザインアソシエーションNPOのコメント:「『Dare to Dream Design Awards』の開催、およびTokyo Designers Week 2014への出展にあたり、MCEと協力することができ非常に嬉しく思っています。メルコ・クラウン・エンターテインメントのような海外の企業が、日本の人々のために大きな意義とインパクトのあるプロジェクトを行ってくださることに心から感謝致します。そして、このようなプロジェクトを通して日本文化を理解されようとする情熱に対して大きな敬意を表します。」

「Dare to Dream Design Awards」の審査委員のコシノジュンコ氏のコメント:「今年4月に東京藝術大学とのコラボレーションがスタートして以来、日本文化について学ぼうとされるMCEの姿勢と、日本のもっとも重要な文化的アイコンともいえる着物のためにこのようなプロジェクトも始めてくださった努力に、非常に強い感銘を受けています。MCEの日本とその文化に対する関心は真摯なものであり、文化を保全するとともに未来を創り上げていきたいと考えておられます。審査員は応募作品の多さとそのクオリティーの高さにとても驚いています。今回の応募作品をきっかけに、現代生活の中で着物がリバイバルし、そしてこれからの世代にこの歴史ある衣服が伝えられていくと信じています。」

「Dare to Dream Judges」のメンバーの山縣良和氏のコメント:「今回のMCEとのコラボレーションを嬉しく思っています。そして『Dare To Dream Design Award』の審査員を務めることができ光栄です。日本の芸術、革新、そして創造性を支えようとするMCEの情熱と日本文化への思いは称賛に値します。応募作品にみられるハイクオリティーな芸術的要素は、これまでにない着物の可能性と、着物への変わらぬ評価を示しつつも、創造性の探求、伝統、生産技術が向かうべき新たな道を照らしています。また、ファッションとデザインの合同展示会「rooms30」の出展ブースに、最高傑作の一つを展示することができ嬉しく思っています。」

【メルコ・クラウン・エンターテインメントについて】
メルコ・クラウン・エンターテインメントは香港証券取引所(SEHK:6883)および米国ナスダック(NASDAQ:MPEL)に上場するアジアにおけ る総合リゾート開発・運営会社です。メルコ・クラウン・エンターテインメントは現在、マカオタイパ地区に位置するホテル、「アルティラ・マカオ」( http://www.altiramacau.com)および、マカオコタイ地区にある総合都市型エンターテインメント総合リゾートである「シティ・オブ・ドリームス」( http://www.cityofdreamsmacau.com)を運営しています。同時に、マカオ最大の電子ゲーム機を有しているモカクラブ( http://www.mochaclubs.com) を運営しています。また、マカオコタイ地区で、映画をテーマとした総合エンターテインメント施設の「スタジオ・シティ・プロジェクト」の開発計画を進めて います。フィリピンでは、メルコ・クラウン(フィリピン)リゾート・コーポレーションの子会社、メルコ・クラウン・レジャー(フィリピン)コーポレーショ ンがSMグループのベル・コーポレーションの協力の元、マニラにエンターテインメント総合リゾートの「シティ・オブ・ドリームス・マニラ」を開発および運営しています。メルコ・クラウン・エンターテインメントは、「コーポレート・ガバナンス・アジア・アワード」や2013年度の米経済誌フォーブス(アジア 版)の「アジア太平洋地域の株式公開企業ベスト50社」(Asia’s Fab 50)に選定される等、これまでも多くの名誉ある賞を受賞してきました。詳しいメルコ・クラウン・エンターテインメントの情報は http://www.melco-crown.comをご参照ください。
メルコ・クラウン・エンターテインメントは大株主であるメルコ・インターナショナル・ディベロップメント(メルコ)およびクラウン・リゾーツ(クラウン) により多大なサポートを受けています。メルコは香港証券取引所の上場会社で、メルコ・クラウン・エンターテインメントの共同会長 兼 CEOのローレンス・ホー氏に所有され運営されています。クラウンはオーストラリア証券取引所の上位50位の上場会社で、メルコ・クラウン・エンターテインメントの共同会長兼非業務執行取締役のジェームス・パッカー氏により運営されています。

メルコ・クラウン・エンターテインメント広報事務局(共同PR内)
担当:今野・峰松
TEL:03-3571-5236 FAX:03-3574-9364

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed