ファショコン通信公式ブログ

ボッテガ・ヴェネタ 2016年春夏ウィメンズコレクションを発表


「私にとって郊外で過ごすひとときは最も大切な時間です。都会から離れれば離れるほど、その喜びは増していきます。今回のコレクションはアウトドア、ハイキング、セーリングなどの、大自然と関わるというところから始まっています」
img_76501_1
一つひとつのアイテムに様々な要素が自由に取り込まれています。

テクノロジーを駆使した緻密さと手仕事により、異なる素材や技法が複雑に融合され、ハイキングロープ、留め具、ドローストリング、金鳩目など機能性を象徴するものが装飾として使われているのも特徴です。

また、セーリングの帆からインスピレーションをうけたアシンメトリーなドレスは張り感とボリュームを作り上げています。

「素材が持つ可能性は常に探求しています。素材は全てオリジナルで作り上げているため、さらなる発展が可能となり、唯一無二のものができ上がります。インディヴィジュアルでエキセントリック、特別なものを求める人のためのものとも言えるでしょう」

バッグはレザーあるいはコレクションのムードを反映したエキゾチックスキンをロープ状にトリミング加工したものや、寄せ木のようにエキゾチックスキンを合わせたもの、そしてボッテガ・ヴェネタのアーカイブにみられるような、くたっとしたスタイルのものが中心となります。

スターリングシルバーのジュエリーは、ゴールドが褪せたような加工が施され、S字リンクでつながれているデザインが多く、トルマリンやスモークがかったクオーツが使われています。

新しいサングラスはメタルのロープがつるに編み込まれたようなキャットアイデザインです。

シューズはフラット、タイヤ痕のようなデザインがソールに施されたスリッポン、レースアップのエスパドリュー、プラットフォームのサボ、トレッキングサンダルが登場し、旅の途中で補修したようなディテールが施されています。

「郊外でのトレッキングや旅、そこにはロマンスがあります」とクリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーは語っています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed