ファショコン通信公式ブログ

ボッテガ・ヴェネタ、2015/2016年秋冬ウィメンズコレクションを発表


ボッテガ・ヴェネタの2015/2016年秋冬ウィメンズコレクションは、何気ない感覚のスタイルからインスピレーションを得ています。意外性に満ちた組み合わせにより、個性的な着こなしの美しさを明らかにしてくれます。
FW15DLR_Milan, Bottega Veneta,Milan
カラーパレットはアイリッシュグリーン、カナードティール、ルテアスイエロー、ラシットレッド、アリゾナレッド、パーシモンオレンジ、ビザンチンパープルなどの鮮やかな色を中心に使っています。また、パルム、ペタルピンク、キャメルやミストなどのペールカラーも差し色として取り入れられています。

素材はコンパクトで様々な重量感のウール、マットなテクニカルクレープやジャージー素材やデニムなどを使用しています。また、非常に滑らかなシルクやサテン、レースなども使用しています。さらに、プリントやニードルパンチ、刺繍などの技法を用いたアイテムも展開しています。

シルエットは独特なショルダーラインが特徴的で、メンズの秋冬コレクションに通じるパンツルックも多く登場しています。

新しく登場したバッグ、モナコ(Monaco)は、ソフトとハードな素材を合わせたつくりで、ボッテガ・ヴェネタを象徴するナッパレザーや、エキゾチックレザーを使用しています。シューズはスクエアなトゥにフォーカスしており、マルチなバックル、フラットなローファーが様々な種類で展開されるほか、ローヒールのブーツも登場します。

クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーは「細部にまで隙のない装いではなく、パターンやカラーに注目した大胆なアプローチを取っています。今回のコレクションでは、着る人それぞれの創造力を強調する、美しく作られた服の可能性を探っています」と語っています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed