ファショコン通信公式ブログ

第 46 回 ベストドレッサー賞・ウールマーク賞 発表・授賞式 事後レポート 女優 波瑠にウールマーク賞 2017 授与! 〜上質で魅力的なウールファッションに身を包んだ波瑠が登壇〜


ザ・ウールマーク・カンパニー(日本支社・東京都港区、日本支社長 サミュエル・コクデ)は、2017 年 11
月 29 日(水)に開催された第 46 回「ベストドレッサー賞ウールマーク賞 発表・授与式」にて、本年のウールマーク賞を女優の波瑠さんに決定と発表、授与しました。「ウールマーク賞」は「ベストドレッサー賞」に選ばれた各界の方々の中から、特に「ウール」が似合う方、今年活躍した方に贈られる賞です。

発表・授与式には、日本を代表するブランドの 1 つである「ANREALAGE(アンリアレイジ)」がこの日
のために手がけた、“世界にひとつだけ”の波瑠さんのためだけに作られた 100%メリノウールで作られたワンピースで受賞ステージに登壇。トップスに使われた白地のウールは軽やかで美しいドレープが特徴で、ビスチェとスカートはおよそ 1000 ものウール生地がパッチワークになっており、その華やかな装いで会場を魅了しました。波瑠さんはこのワンピースについて、「自分の身体に合わせて、初めて一から作ってもらいました。着心地もいいし、体にもフィットしていて、嬉しいです。」とコメントしています。
また、スペシャルゲストとしてステージに子羊が登場。”メェー”と鳴く姿に、「かわいい、フワフワ」と頭を撫でながら、笑顔で写真に撮影に応じていました。

ウールマーク賞を受賞したことについて波留さんは、「ウールは普段から好きでよく着ています。ニットは薄手のものも厚手のものも好きで、お気に入りの数枚のニットを繰り返しよく着ています。普段から沢山服を買う方ではないのですが、気に入ったものを大切に長く着たいと思っています」と普段のウールファッションについて語りました。またワンピースに使われた素材であるメリノウールについて、「とても着心地がよいですね。私は肌が強い方ではないので天然素材のものを普段から選ぶことが多いんですが、インナーとしても使われていることや肌に近い存在として着られることを改めて実感しました。」と話しました。

ザ・ウールマーク・カンパニー 日本支社長サミュエル・コクデは、「今回、多くの女性の支持を集める波留さんにウールマーク賞を授与できたことを大変嬉しく思います。天然で、再生可能、土に還る、環境に優しいウールは、波留さんの自然体の美しさに大変マッチすると思います。非常に未来的な素材であるウールが、この受賞を機に、多くの女性によりいっそう愛され、そしてよりいっそうウールファッションを楽しんで着て頂けるようになれば幸いです」と述べています。

発表・授与式会場には、ザ・ウールマーク・カンパニーが『INSUPIRE,EDUCATE,CONNECT』をコンセ
プトにしたブースを展開、ウールについて閃きを与え、啓発し、そしてデザイナーやリテーラーや学校を繋ぐ、ザ・ウールマーク・カンパニーの活動を紹介する共に、ディスプレイされた原毛に触れて来場者の方々も改めてウールへの想いを高めていました。
会場にはまた、ザ・ウールマーク・カンパニーと文化服装学院 文化ファッション大学院大学(BFGU)が
共催している“BFGU・Woolmark ネクストジェネレーションアワード”に参加した学生たちの製作作品が展示され、工夫を凝らした様々なウールの作品に来場者も足を止めていました。

ウールマーク賞について

今年で 46 回目を迎えた「ベストドレッサー賞」は、ファッションの向上や産業活性化、文化交流などを目的として 1972 年に始まり、各界からその年を代表するベストドレッサーが選ばれる歴史ある賞です。その長い歴史の中で「ウールマーク賞」は今年で 6 年目となります。例年「ベストドレッサー賞」の受賞者の中から、特にウールの似合う方に贈られます。今年は、天然素材であるオーストラリア産メリノウールの上質さ、滑らかで肌に吸い付くような心地よさ、美しいドレープや質感、といった特性やイメージにぴったりな波瑠さんに「ウールマーク賞」の授与を決定いたしました。

■ベストドレッサー賞ウールマーク賞 過去の受賞者:

2016 年 小池百合子(東京都知事)
2015 年 吉田羊(女優)
2014 年 鈴木亮平(俳優)
2013 年 綾野剛 (俳優)
2012 年 市川猿之助(歌舞伎役者)

■メリノウールについて:

主にオーストラリアで産出されるメリノ種の羊から取れる毛で作られるメリノウールは、羊毛の中でも最高品質とされています。マイクロン(繊維の太さをあらわす単位)が細く、スケール(繊維の表面を覆う組織)幅が狭いため、肌になめらかな極上の着心地で美しいドレープを表現。また、自然の温度調整機能があり一年を通じて着用が可能です。防汚防臭性も備え、耐久性もよいため長期間愛用いただけます。しかし現在、世界の全衣類における繊維ごとの比較においてウールが占める割合は重量ベースで 1%以下にまで減少しています。ラグジュアリーファッションの未来のために、地球環境の未来のために、プレミアムな天然素材であるウールを改めて見直す機会を創出しその魅力を伝えることが、ザ・ウールマーク・カンパニーの使命でもあります。

ウールマーク賞受賞者プロフィール

波瑠(ハル)

生年月日:1991 年 6 月 17 日
出身地:東京都
女優、タレントとして「世界一難しい恋」、「ON」、「あさが来た」など数多くの作品に出演。また、2007 年 ファッション雑誌「Seventeen」、2012 年 ファッション雑誌「non-no」の専属モデルを務めるなど、モデルとしても活躍中。

第 46 回 ベストドレッサー賞 受賞者(敬称略)
<政治・経済部門> 塚本 能交 (株式会社ワコールホールディングス 代表取締役社長)
<学術・文化部門> 村治 佳織 (ギタリスト)
<芸 能 部 門> 波瑠 (女優)
<芸 能 部 門> 尾上 菊之助 (歌舞伎役者)
<スポーツ部門> 畠山 愛理 (元新体操選手)

ザ・ウールマーク・カンパニーについて

ザ・ウールマーク・カンパニーはウールのグローバル・オーソリティーであり、テキスタイル・ファッション業界を網羅した国際的かつ膨大なネットワークを通じてオーストラリア産メリノウールの研究・開発及びマーケティング活動を行う、非営利法人オーストラリアン・ウール・イノベーション(AWI)の子会社です。ウールマークのロゴは世界が認めるテキスタイルブランドであり、高品質を示すものです。かつてカール・ラガーフェルドやイヴ・サンローランも受賞した歴史あるグローバル デザインアワード「インターナショナル・ウールマーク・プライズ(IWP)を主催しており、その審査委員にはヴィクトリア・ベッカムなどファッション業界をけん引する顔ぶれが名を連ねます。また、アレキサンダー・ワン、トム・ブラウン、ラフ・シモンズといった多くのブランドとのコラボレーションも展開しています。
■公式サイト:http://www.woolmark.jp/ ■お問い合わせ電話番号:03-6447-1412
■公式 SNS:Facebook: @thewoolmarkcompany.jpn Twitter: @WoolmarkJapan

Instagram: @thewoolmarkcompanyjp
■オフィシャルハッシュタグ:#woolmark #MerinoWool #ChooseWool

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed