ファショコン通信公式ブログ

スタイリストアシスタント・鈴木さんへのウェブインタビューの回答


貴方のプロフィールを教えてください
「20代前半の男性・東京都在住」

貴方は服飾専門学校出身ですか?
「いいえ」

貴方のお仕事について教えてください
「スタイリストアシスタント」

貴方のお仕事内容の詳細を教えてください
「TVCF・雑誌・カタログ等でのスタイリングアシスタント」

貴方がスタイリストアシスタントになった理由を教えてください
「就職内定後、組織に入って歯車として働く自分の将来に疑問を感じた。その時、高校時代の先輩が独立するのをキッカケに、今の事務所を紹介していただいた。」

貴方がスタイリストアシスタントになるまでで最も苦しかったことは何ですか?
「両親や教授、恋人等、周囲からの反対」

貴方がスタイリストアシスタントになる前に経験したことで、最も有益だったことは何ですか?
「在学中3年半のセレクトショップでのアルバイト。販売、管理、企画、バイイングまで幅広くやらせていただいたこと。 大学での哲学、経済学、農業のゼミと、入学の為の受験勉強。ファッション感覚は洋服だけのものではないと思う。基礎的能力も大事。」

貴方がお仕事中、嬉しく感じるときや悲しく感じるときはどんなときですか?
「自分が参加した映像なり写真なりが世にでたときは嬉しい。ツライのは、休みがほぼ皆無でプライベートな時間がないこと。悲しいのは、カリスマスタイリストといわれるような方々の意見に左右されている若い人たちを見るとき。ファッション・ヴィクティムに思えてしまう。」

貴方がスタイリストアシスタントという仕事に嫌悪感を抱くときはどんなときですか?
「特にないです。ただ、ファッションは幻想でしかないと思う。」

貴方が感じるスタイリストアシスタントの醍醐味は何ですか?
「イイ女に囲まれていること。男としては楽しすぎる。」

スタイリストアシスタントにとって大事なことは何だと思いますか?
「体力、社交性、常識、スタイリストはデザイナーではないという事を認識すること→個性先行型ではない」

スタイリストアシスタントという職業について、世間の認識が間違っていると感じることはありますか?
「楽な仕事だと思わていること」

スタイリストアシスタントを志す若者に、ひとことお願いします
「現在もスタイリストブームは続いていて、専門学校のスタイリスト科などを目指している人も多いとおもいますが、ハッキリ言って金の無駄です。高校を出たら、即アシスタントについたほうが良い。あと、英語が話せないと使い物になりません。中学校の単語と文法程度は完全にできないと、撮影で惨めな思いをします。モデルの多くは外人です。ストリート雑誌の仕事だけでは将来食べていけません。」

ウェブインタビューにご協力くださるスタイリストアシスタント様はこちらのフォームからご回答をお願いします!

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed