ファショコン通信公式ブログ

【ブルガリ】願いが実現する時 #MADE REAL


ブルガリとセーブ・ザ・チルドレンがザータリに建設した幼稚園へ
ブルガリCEOのジャン-クリストフ・ババンが訪問

地域で最大のシリア人難民キャンプがザータリにあります。内戦から逃れてきたシリア人を一時的に受け入れるために2012年に設営されたこのキャンプは、プレハブの建物から成る1つの都市となりました。広さは5.2平方キロメートルに及び、約8万人が暮らしています。

人道危機においては教育の機会を与えることは贅沢なことだと思われがちですが、すべての子どもにとって教育を受けることは権利です。教育の価値を強く信じているブルガリとセーブ・ザ・チルドレンは、ザータリの幼稚園児に焦点を合わせ、2014年からヨルダンのシリア人難民の子どもたちへの支援を続け、2017年からはアズラック難民キャンプでも支援を開始しています。ブルガリとセーブ・ザ・チルドレンはこれまでに370万ドル(約4億700万円)を出資し、ザータリで3箇所、アズラックで1箇所の幼稚園を建設、再建しました。これによって、ヨルダンで危機に瀕していた1万6,000人以上の5歳未満の子どもたちの生活を改善し、安全に保護された子どもたちに学習環境を提供しました。

高い緊急性を感じているブルガリCEOのジャン-クリストフ・ババンは、難民キャンプでの活動を自分の目で確かめたいと、初めて現地を訪ねました。子どもたちとその権利のために精力的に取り組み、彼らがよりよい未来を夢見るだけでなく実際に実現できるよう、この訪問に際し、2018年にブルガリがセーブ・ザ・チルドレンに120万ドル(約1億3200万円)を寄付し、ザータリでの団体の活動をさらに支援すると発表しました。

ブルガリCEOのジャン-クリストフ・ババンは次のようにコメントを述べています。「シリアとヨルダンの国境から数キロの所にある最大のシリア人難民キャンプを初めて訪れ、この不安定な地域における子どもたちの発達、成長、幸福を大きく促すものとして、教育の重要性を強く感じました。そして、この考えは、地球全般にも及ぶものです。ブルガリとセーブ・ザ・チルドレンが支援としてザータリに導入したアーリー・ラ―ニングセンターで活動する人々により、ここ数年で新たに数千人もの幼い子どもたちとその両親が非常に厳しい指導をうけ、より良い生活を形作るという恩恵を受けています。

世界中から情熱をもって支援をする民間企業は、5,000にのぼります。私たちは多くの大切な命に根本的な変化を与える財政面で大きく寄与しています。現在までにブルガリは370万ドル(約4億700万円)を寄付していますが、2018年にはさらに100万ドル(約1億1000万円)以上を出資する計画であり、今後も引き続き寄与していくことを決め、それを大変光栄に思います。子どもたちは人類にとってまさに宝です。そしてその笑顔と夢がブルガリに大きな目的意識を与えてくれるのです」

ジャン-クリストフ・ババンは、セーブ・ザ・チルドレン・イタリーの理事長、クラウディオ・テザウロ氏とともにキャンプの全住民への毎日のパンの配給など、チャリティーによるさまざまな人道的、教育的プログラムの現場を訪れました。ブルガリとセーブ・ザ・チルドレンが建設した3つの幼稚園のうちの2つへの訪問は特に有意義でした。そこでは3歳から4歳までの約4,000人の子どもを対象に、特別に訓練された教師が行う質の高い幼児教育のプログラムが実施されています。一面に広がる白いプレハブの建物とテントの中で、この幼稚園では子どもたちが色とりどりの世界を見つけ出しています。

「アーリー・ラーニングセンター・ブルガリの支援はさまざまな形で子どもたちの生活を豊かにしてくれました」と、セーブ・ザ・チルドレン・ヨルダンのCEO、ラニア・マルキ氏は言いました。

また、ブルガリCEOのジャン-クリストフ・ババンは次のようにコメントを寄せています。「この支援は子どもの適切な発達と豊かな未来の基盤になっています。思いやりと大胆さがこのストーリーに共通するテーマであり、ブルガリとセーブ・ザ・チルドレンがともに維持し促進している価値観です。私たちが願いをかける時、その魔法は一瞬しか続きません。しかし、その願いを恐れずに実現しようとすれば、美しく永続する本当の何かへと変わります。実際、ほぼ10年にわたりブルガリとセーブ・ザ・チルドレンが手を携えて共有してきた思いやり、決意、大胆さが数千人もの子供たちが願いを実現することに役立ってきました。9年前、私たちは教育の力を通じて何百万もの子どもたちがよりよい未来を築く力を持つ手伝いをするという大胆な夢を持ってセーブ・ザ・チルドレンとのパートナーシップを結びました。なぜなら、プレシャスなジュエリーと同じように願いも最初は想像するものだと私たちは知っているからです。およそ10年がたち、私たちの夢、そしてセーブ・ザ・チルドレンとともにそれを実現できたことを誇りに思います。100万人以上の子どもたちがすばらしい夢を抱く手助けをしたのです。そして私たちはさらに前進します。野心、大胆な願い、惜しみない努力をすること、確固たる決意によってより多くの願いが現実します。#madereal (実現)すれば、夢は永遠に続くからです」

「Madereal」はこのパートナーシップのための2018年の新たなコミュニケーションテーマです。これは、このパートナーシップとともに自らの決意と大胆さで自分自身の人生を変えてきた人々のストーリーをブルガリとセーブ・ザ・チルドレンが語り称えるものです。

2009年にセーブ・ザ・チルドレンとの独自のパートナーシップを開始して以来、これまでブルガリは「セーブ・ザ・チルドレン」ジュエリーコレクションの売上を通じ、世界中で8,000万ドル(約88億円)を集めました。リングを560ドル(5万9000円税抜)、ブレスレットを580ドル(6万3000円税抜)、ペンダントを620ドル(6万7000円税抜)で販売し、それぞれ100ドル(約1万1000円)が寄付されます。このパートナーシップで集められた資金は33か国の100のプロジェクトに出資され、教育、緊急対応、貧困削減、若者のエンパワメントプログラムを通じて100万人以上の危機に瀕している子どもや若者に届けられています。計画の殆どが、自然災害、武力紛争、政治的紛争、社会的排除、障害、貧困により教育やよりよい未来への権利が危険にさらされたり、破壊されたりしている場所に暮らす地球上で最も脆弱な子どもたちを対象にした質の高い教育機会の提供を目的としています。

セーブ・ザ・チルドレン・イタリーの理事長、クラウディオ・テザウロ氏は次のように述べています。「ザータリには4歳以下の子供が1万5,000人いますが、彼らはこの荒涼としたキャンプ以外を見たことがありません。2014年からセーブ・ザ・チルドレンがブルガリとともに保証しているのは、子供たちが毎日前向きで元気になれる環境で成長し、学び、遊べるような場所です。例えば、センターのおかげで幼いカーレドは自尊心を高め、歩くことのできない兄弟のために車イスを作る発明家になることを夢見ています。私がここで出会ったカーレドや子どもたちはシリアの未来なのです」

お問い合わせ先

ブルガリ ジャパン 03-6362-0100  
https://www.bulgari.com/ja-jp/

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed