ファショコン通信公式ブログ

ブルガリ MAXXI BVLGARI賞のファイナリストをイタリア国立21世紀美術館にて発表


2018年5月30日 - ローマのイタリア国立21世紀美術館にて、MAXXI BVLGARI賞のファイナリストに選ばれたアーティストの発表記者会見が行われました。MAXXI BVLGARI賞は若きアーティストを支援するため、昨年ブルガリとイタリア国立21世紀美術館がパートナーシップを締結の上新設され、この度アーティストのタリア・シェトリット、インヴェルノムート、並びにディエゴ・マルコンがファイナリストにノミネートされました。

ファイナリストの作品は2018年6月1日から10月28日までジュリア・フェラーチ監督のもとイタリア国立21世紀美術館にて展示され、2018年10月28日には優勝者が発表されます。国際的な審査員は、キュレーターのデイヴィッド・エリオット、東京都現代美術館のアーティスティックディレクター 長谷川祐子氏、ロンドンにあるサーペンタイン・ギャラリーのアーティスティックディレクターであるハンス・ウルリッヒ・オブリスト、イタリア国立21世紀美術館 バルトロメオ・ピエトロマーチ館長並びにアーティスティックディレクターのホウ・ハンルで構成されています。審査員は、“私たちが生きるこの時代の歴史的瞬間における覚醒及び芸術的表現法の境界を超える力量”という観点に基づき、ファイナリストを選定しました。記者会見に出席したメディアは3名のファイナリストを囲み、MAXXI財団理事長のジョヴァンナ・メランドリ、ブルガリ グループCEOのジャン-クリストフ・ババン並びに審査員の長谷川祐子氏、ホウ・ハンルやバルトロメオ・ピエトロマーチらによる内覧会に参加しました。

ブルガリ グループCEOのジャン-クリストフ・ババンは下記のようにコメントしました。
“私たちは遂に記念すべき第1回目のMAXXI BVLGARI賞による展示会を開催することができました。すべてのアーティストの方々は私たちが向き合うリアリティに刺激を与え、また反映する作品を最も高いレベルで作り上げられました。このようなオリジナリティの高い独創性にあふれた作品は私たちにとってのインスピレーションであり、ブルガリはこのようなアーティストの支援をすること、そしてローマの文化の一部を反映する同美術館のパーマネントコレクションを更に豊かにすることを大きな誇りとしています。若きアーティストをサポートするこの賞は、将来のアイデア、才能や情熱への投資という意味で大変重要な役割を担っています。ファイナリストたちの作品を通して、この展示は芸術的な世界における真の“熱中”を提示しています。”

お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100 https://www.bulgari.com/ja-jp/

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed