ファショコン通信公式ブログ

FUKUSHIMA PRIDE 2018 collection コシノジュンコ氏をはじめとした世界的クリエイターが福島県とタッグを組み、伝統工芸を未来へ発信


福島県では、 伝統的工芸品・地場産品が抱える「消費者のライフスタイルや価値観の変化による需要減少」「人材・後継者不足」という課題解決を目的に、クリエイターとのコラボレーションによる魅力ある商品開発に取り組んできました。
このたび商品が完成しましたので、3月21日(水・祝)にGINZA SIX 6階 銀座 蔦谷書店 イベントスペースにて発表会を行います。
また、発表に合わせ、3月21日(水)から25日(日)には同場所にて販売会を行います。
商品開発には、会津木綿、和紙、ニットなど、県内計14事業者が参加。
①文化功労者(平成29年度顕彰)のコシノジュンコ氏による商品デザイン及びブランディングで高付加価値化を目指す「FUKUSHIMA PRIDE by JUNKO KOSHINO」のブランドコレクション(10事業者参加)と、②JAPAN DESIGN WEEK総合プロデューサーなどを務める川又俊明氏プロデュースによる、世界的に活躍するクリエイターとのコラボレーション(4事業者参加)を行いました。
コシノジュンコ氏とのコラボレーションではホテルや旅館の空間を彩る商品が開発され、川又氏によるプロデュースでは、新しい生活様式やターゲットへの商品提案や最新テクノロジーとの融合を通じて、伝統的工芸品を現代の生活に合った商品を消費者に提供いたします。
クリエイターとのコラボレーションにより、福島の伝統工芸・地場産品の新しい未来が広がっています。

■参加事業者

白河産業(株)(会津木綿・白河市)
(有)井上窯(二本松万古焼・二本松市)
(有)千藤(会津塗・会津若松市)
小浜製作所(有)(金属加工・南相馬市)
(株)東工業(金属加工・白河市)
二本松市和紙伝承館(上川崎和紙・二本松市)
(株)関美工堂(会津塗・会津若松市)
世界のガラス館(ガラス工芸・猪苗代町)
(有)フクイシ(石材加工・田村市)
(株)大三(ニット・伊達市)

■商品概要

クッションカバー、トートバックほか
陶器
漆×ガラスの食器
カトラリー
照明器具
ランチョンマット、一筆箋ほか
漆塗りのバッグ
ガラスの食器
石の食器
ブランケット、ストール

■コシノジュンコ氏 コメント

対極の美と福島の技

福島の伝統工芸や最先端の技術を、現在から未来への継承・革新と発展を導く架け橋として、「食」と「空間」をテーマに福島ならではの熟練、卓越した「技」を存分に活かしながら現代の多様化するライフスタイルに融合するデザインを考えました。
福島の伝統産業も東日本大震災で多くの被害を受け、後継者問題などに直面しています。デザインを通し、新しい空間創造の支援をする事が福島地場産業の復興と発展に向けコシノジュンコとして寄与出来る事だと思います。
コシノジュンコの基幹コンセプトである「対極の美」(自然が創り出した丸、人間が創り出した合理の四角や白と黒などの対比と共存の美しさ)”コントラスト”から本コレクションは白と黒をテーマに和紙、石、漆、硝子、陶器、金属、木綿、ニットなど福島の素材でコシノジュンコ流おもてなしのデザイン空間を演出し、数百年に渡り続く福島の伝統技術や最先端の技術をデザイン表現しています。

【コシノジュンコ氏略歴】

装苑賞を最年少の19歳で受賞。1978年~2000年までパリコレクションに参加。北京、ニューヨーク、ベトナム、キューバ、ポーランド、ミャンマーなど、世界各地にてファッションショーを開催。オペラからブロードウェイ・ミュージカル、スポーツユニフォーム、インテリアデザインまで幅広く活動。
2017年シャンパーニュ騎士団より「ダム・ド・ヌール」叙任。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 文化・教育委員。福島県「ふくしまクリエイティブクラフトアカデミー」初代校長。TBSラジオ「コシノジュンコ MASACA」放送中。
2025年国際博覧会誘致特使。平成29年度、文化功労者顕彰。

■今後のスケジュール

下記にて2018コレクション一部先行販売、さらに2017コレクションの販売をします。

FUKUSHIMA PRIDE 2018 collection

場所:GINZA SIX 6階 銀座 蔦谷書店 イベントスペース
日時:2018年3月21日(水・祝)~25日(日)
内容:2017年発表商品の販売 ※一部2018年新作先行販売あり

FUKUSHIMA PRIDE by JUNKO KOSHINO 2018 collection in Paris

場所:The Peninsula Paris(フランス・パリ)
日時:2018年3月24日(土)~ 約1週間を予定
内容:2017年発表商品の販売 ※一部2018年新作先行販売あり

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed