ファショコン通信公式ブログ

【ブルガリ新作アクセサリー】2018年秋冬アクセサリーコレクション BVLGARI FALL-WINTER 2018 LEATHER GOODS AND ACCESSORIES COLLECTION


ブルガリ 2018年秋冬アクセサリーコレクション

光輝き、躍動するカラー。幾何学的で、抽象的なフォルムによって、この華麗なレザーが歌い出します。ストライプのパレット、彫刻的なフォルム、個性的なニュアンス、コントラストを成すテキスチャー、ポップなタッチをもちいて、ブルガリは2018年秋冬コレクションにおいて、魅力的なシェイプを繰り広げていきます。大胆な幾何学模様と驚きの要素が融合した新作コレクションをお届けいたします。

カラー、力強いシェイプ、大胆な創造性をもつハイジュエラーとして、ブルガリがデザインする新しいアクセサリーコレクションは、抑制と豪奢、端正なラインと遊び心にあふれるプリントによる、完璧なバランスが印象的です。まさに、感動を与えるために生まれた魅惑的なコレクションと言えましょう。幻想と 白日夢の雰囲気を漂わせ、うっとりとさせる魅惑をたたえながら、完璧な配分の奇抜さとブルガリのトレードマークで あるおおらかな自信が醸し出されています。

カラーゲーム

キャニオンアンバー。それは、やがて訪れる秋の日を彩る、このシーズンに手放せないカラーです。この鮮やかな色味は、ブルガリが選んだ、暖かい、素朴なトーンによって、2018年秋冬ワードローブにふさわしい、エネルギーにあふれたアクセントをもたらします。太陽の光が降り注ぎ、情熱的で、活発。このエナジーあふれる完璧なカラーは、ウインターパレットに活力を吹き込み、輝きをアップグレードさせます。
この新しいファッションステートメントの中心となるのは、アイコニックなセルペンティフォーエバーです。究極の柔らかさのカーフレザーのレイヤーが独特の彫刻的な三次元効果を生み出し、伝説上のスネークヘッドのクロージャーが抗しがたい魅力を確固たるものにしています。アイコンとして、魅力的なジュエルのようなインスピレーション、そして、その名の由来の魅惑的な動物に匹敵するグラマラスさをたたえています。デイリーに纏い、永遠に愛されるアイテムになることでしょう。

ブルガリにとって、カラーにこだわることは真の理念であり、幅広いパレットによって、タイムレスなカーフレザーの「セルペンティ フォーエバー」アイコンの様々なスタイルが刷新されています。ファッショナブルな大胆さのヘザーアメシスト、優美でクラシックなルックのムーンロックは、ビビッドなカラーに蛇の魅惑を落とし込んでいます。
クロスボディスタイルのディーヴァ ドリームは、キャニオンアンバーに染められ、あたかも太陽の光が降り注ぐがごとく、カラフルな洗練性の雰囲気も取り入れています。独特の扇形のクロージャーは、同じオレンジトーンのバッグのカーフレザーのボディにマッチするものです。

ストライプエフェクト

横、縦、あるいは両方を組み合わせて、ストライプは時代を超えたモチーフです。そして、ブラックカーフスキンレザーにアンティークブロンズとシルバーのメタリックな仕上げを施せば、その結果生じるパターンはオリジナル性が際立ちます。光度とテキスチャーが合わさって魅力的に引きつけるクラシックな幾何学模様で展開される、それはあたかも催眠術のようです。
貴方がストライプ効果のとりこであれば、注目すべきは毎シーズン発表するブルガリのクラシックで、タイムレスなセルペンティ フォーエバーです。同じパターンは、実用的かつトレンドのバッグ、セルペンティ クロスボディ ウィズ フル ストライプド メタリック カーフに、都会のシックな魅惑をたたえて展開されています。使い回しの利くレザーハンドルは、斜め掛けや肩に掛けて身に付けていただけます。どのようなアウトフィットにも合わせられ、スタイルの無限のソリューションがもたらされます。個性的なスネークヘッドのクロージャーは、輝くタッチによる華麗さでこのバッグを仕上げています。対照的な2色のカラーと素材によって、この上ないシックさとアバンギャルドなスタイルが生み出さるこのバッグは、それぞれのレザーを個別に手縫いするブルガリの職人の巧みな技によって、完璧なテキスチャーの組み合わせになっています。

クロスボディスタイルには、ストライプデザインの贅を極めた優美な新作もご用意しました。セルペンティ フル ポップ ストライプ パイソンは、ハイエンドな素材、鮮やかなカラー、大胆な幾何学的デザインをひとつのバッグに融合させ、コレクションの個性的なトレードマークによる、楽しく、豪華な集大成を構成しています。

ロイヤルサファイア、またはキャニオンアンバーのいずれかの色に染められ、いずれもブラックストライプがあしらわれた、新しい「セルペンティ」は、最高のクラフツマンシップのスキルの賜物です。パイソンスキンの2色トーンのハンドペイントによって、パターンの自然な風合いが高められ、ストライプをエアブラッシュで施しています。真の一点ものにするために、ほぼ二日間の作業を要する 繊細なプロセスです。

素材とデザインの双方の傑作、セルペンティ フォーエバー ストライプド ガルーシャによって、ファッションが他に類を見ないクラフツマンシップと出会う時、最も希少で、グラマラスなサイドにストライプ効果が引き出されます。ブラックとアンティークブロンズで輝くバッグには、ガルーシャがもちいられています。ガルーシャは極めて薄く、壊れやすい繊細さと小さい寸法の扱いにくさが相まって、加工が難しい素材のひとつです。究極のエクセレンスを誇るブルガリのサヴォアフェール(職人技)によって、ガルーシャスキンはまず、古代の技術を用いて、ブラックカラーの浴槽で染められ、職人のエアブラシによるハンドペイントで、ストライプのコントラストを成すブロンズが施されます。最後の「スパークリングダイヤモンド」効果は、メタルフィルムがレザー表面にクラッシュされ、点在することによってもたらされます。

スタッズの魅惑

既存の枠にとらわれずに生き、リズムを取り、突出するには個性を発揮すること。大切なことは、常識から外れ、それでいてエレガントに誘惑するディテールにあります。ブルガリによって選ばれた希少かつエッジーなスタッズは、1970年代のロックスタイルへのトリビュートを捧げるもので、挑戦的なカリスマ性を散りばめ、ローマの魂を控えめに醸し出すような、気軽に身に付けられる優雅さのための完璧なレシピです。
キルテッド スタッズ ディーヴァ ドリーム クロスボディバッグには、独特の扇型モチーフがチャーミングなキルテッドのテキスチャーで再現されています。三次元モザイクは、マッチするシルバーまたはゴールドで、丸みを帯びた小型スタッズとジュエルがあしらわれたクロージャーによって彩られ、ディーヴァ ドリームコレクションのキーとなるデザインを強化しています。ブラックとホワイトをご用意して、どのようなアウトフィットにもエッジーなタッチをもたらすバッグとなっています。

もっと鮮やかな色調をお探しでしたら、セルペンティ フォーエバー キルテッド スターダスト バッグがふさわしいでしょう。クラッチとして、または斜め掛けでお使いいただけます。ヘザーアメシストまたはローマンガーネットのカラー展開によるこのモデルは、その構造的な特性に加えて、注目を集める幾何学的なスタッズパターンで個性を発揮しています。
これらのバッグは、ワークマンシップの観点においても、ラグジュアリー感を醸し出しています。これは、革新的なテクニックである、まったく縫い目が見えない透明なミクロスレッドで固定されたスタッズを用いて、ダイレクトに生み出されるデザインといった、慎重に選択されたディテールによって明らかです。また、二層のレザーの間に挿入された発泡素材によって、キルティングに三次元 効果がもたらされています。

ヒプノティックシェイプ

新しいセルペンティ ヒプノティック バッグは、その印象的なデザインと配色によって、この秋に催眠術をかけて魅了します。蛇が瞳の威力によって、その獲物に催眠術をかけるというよく知られた能力に着目した、「セルペンティ」コレクションの最新アイテムは、一瞥するだけでとりこにしてしまう魅力を秘めています。
シェイプとクラシカルな幾何学模様のハーモニーがこのバッグの魅惑的な特徴であるとともに、モダンでうっとりさせる新しさがスネークヘッドに施され、魔法を完結させています。新しい特徴であるシャープに描かれた輪郭は、蛇のまなざしが先端に配される六角形のうろこ模様です。その催眠効果をもたらす魅力は、蛇の魅惑的な天性の力を象徴しています。ディテールはひとつひとつ、幾何学的な完璧主義で作り上げられています。例えば、新しい三次元のライトゴールドチェーンは、それぞれのリンクがうろこの六角形を昇華させた手織りによるものです。

モダンで視線を引き付けるモザイク カーフレザーの新作では、エキセントリックなタッチをバッグにもたらし、ラグジュアリー感が醸し出されるレザーを大胆なカラーブロックによって美しく飾ります。スライド式のヘキサゴナルチェーンによって、快適なレザーストラップが片側を蛇の咬合で留められ、バッグを斜め掛けまたは肩に掛けて纏っていただけます。ヘザーアメシストまたはローマンガーネットのカラーパレットを展開しており、ソフトブラックカーフスキンは、ビビッドで、華やかなカラーブロックで分割されています。

リズミカルな幾何学模様は、セルペンティ ヒプノティック タイル カーフのトレードマークでもあり、斜めタイルのデザインは、カラーではなく、ステッチが施された斜めのパネルで構成されています。全体がロイヤルサファイアのカーフスキンで仕立てられたこのバッグは、二個のアイコニックなスネークヘッドで構成されるトップハンドルによって、腕に掛けても、手に持つこともできます。あるいは、ライトゴールドの立体的なチェーンで、肩掛けまたは斜め掛けをお選びいただけます。

「セルペンティ」コレクションの締めくくりである、セルペンティ ヒプノティック イン プレイン カーフレザーは、ピュアな洗練性を醸し出します。エレガントにコントラストを成すブラックとホワイトによって、コスモポリタンで、コンテンポラリーな魅力がバッグにもたらされています。カーフスキン独特の柔らかさは、その繊細な素材を損なうことなく、完璧なテキスチャーと仕上がりの実現を目指す複雑なプロセスを経て実現しています。

ニューシェイプ

ブルガリによる「セルペンティ フォーエバー」には、際立った魅力が備わっています。おそらく、それは精巧なチェーンストラップ、彫刻によるスネークヘッドのクロージャー、シンプルでコンパクトな構造のバッグのフレームワーク、あるいは、永遠の命を持つスキンを身に付けることができる事実によるのかもしれません。すべてが明らかにしているのは、ローマのジュエラーであるブルガリが比類なき優雅な姿勢で、このうっとりとさせるアイコンの核心に取り組んでいる事実です。今シーズンは、コレクションのメインテーマを維持しながら、バッグの完璧な三次元のシェイプの境界を押し出すことによって、ブルガリはその魅力を高めています。それは、二種類の新しいスタイルのための四角形のデザインです。
刷新されたアーキテクチュラルな構造によるシャープなラインがカラーとテキスチャーの大胆な組み合わせとバランスを取る、新しいセルペンティ フォーエバー キルテッド ブラスト モデルは、先端的な輪郭、創造的なクラフツマンシップ、そして精緻な異素材の組み合わせを結集させています。蛇のカリスマ性を身に付けやすいタッチにすることで、日常の洗練されたルックを飾ります。
立体的のマトラッセパターンは、ローマ・コンドッティ通りのブルガリ ブティックのアイコニックな八角形の星の抽象的なメタファーであり、バッグの中核に生き生きとした、催眠に誘われる感覚をもたらす一方で、異彩を放つブラックフレームがこのシェイプの優美で幾何学的な特性を強めています。ディテールに込められているのは、完璧性です。細めのフレームがカラーコントラストをさらに強調し、バッグの第三のニュアンスとしての彫刻的な特性を引き立たせます。

控えめな台形のひねりが加わる完璧な長方形のラージサイズとスモールサイズからなるふたつのスタイルは、二種類の長さ調節を選べる実用的なライトゴールドチェーンとレザーストラップによって、肩に掛けて、または斜め掛けでお持ちいただけます。ラージモデルは、ふたつのヘキサゴナルフックでバッグのボディに留められた取り外し可能なトップハンドル付きで、蛇のうろこのもう一つの精緻な昇華となっています。
クラフツマンシップの観点では、マトラッセパターンとフレーミングの両方で、特殊な技能が要求されています。キルト加工の効果は、発泡素材とナッパ革のレイヤーに催眠効果を持つデザインをステッチすることで実現しています。続いて、職人たちはアウターフレームに、スムースカーフレザーのストライプによって、コルクでできた底面をくるんでいます。
この新しいスタイルには、以下の6種類のカラーコンビネーションをご用意しています。ホワイトアゲートにローマンガーネットのフレームやブラックとヘザーアメシスト、フォレストエメラルドとロイヤルサファイア、キャニオンアンバーとシルバーグレー、ヘザーアメシストとリネンアゲートはすべて、ブラックカーフレザーバンドによるフレームです。

ポップに弾けて

鮮やかなカラーから、シェイプと大胆な幾何学フォルムへの情熱まで、1970年代は飛び切りの創造性にあふれた時代でした。当時の芸術上の活力からヒントを得た「ポップコーン」は、このシーズンのインスピレーションをもたらすモチーフのひとつです。

「セルペンティ」独特のアーキテクチュラルなシェイプにエキゾチックな感覚を用いて魅了する、この大胆なポップコーンの演出によって、蛇の魅惑的なパワーが高まっています。アイコニックなセルペンティ フォーエバーのふたつのスタイルをご用意しており、クリエイティブなテーマの華麗な解釈によって、このグラマラスな要素がまったく新しいレベルに昇華しています。パイソンのルックで全体を仕立てた、この上なくシンプルな魅力をたたえたこのバッグは、印象的な唯一無二のスタイルを持った、エキゾチックな華麗さですみずみまで輝いています。まさにブルガリスタイルによる、究極の洗練さのステートメントです。

ファンシーなクロスボディスタイルのディーヴァ ドリームにも、ポップなアップデートが施されています。ブラックとホワイトのパイソンスキンで全体を仕立てた、このジュエルのようなバッグは、フェミニンでありながら、常識外れのエレガンスさで主役を担います。

この特別なアイテムに使用されるパイソンスキンはバックカットで、主張が強い大きめのうろこの蛇のフロント部分を見せています。デザインはすべてハンドペイントで、熟練のブルガリ職人が二日間を要する作業です。

ぜいたくに色付けされたスキンというこのテーマのもうひとつのバリエーション、セルペンティ フォーエバー ファクトリー エラフは、キャニオンアンバーの色調のエラフ(蛇革)のボディに、ブラックとキャニオンアンバーのカーフレザーの精緻な幾何学模様のダブルフレームをほどこしています。異彩を放つ素材の組み合わせに、ロングのキャリーチェーンが添えられ、クリーンなラインと催眠性のある揺らぎを備えたグラフィックなテキスチャーによって、このバッグの真の個性が形作られています。大胆なステートメントに控えめな豪奢さのアクセントが添えられた、洗練さを極めたルックスです。スキンは、まず漂白され、ホワイトに染めた後、パネルにカットすると共に、特殊なプリンティングが施され、エラフの風合いを生かしたパターンに再生します。

グラマラスな要素

華麗なパイソンスキンにほごこされたポップなカラーは、ブルガリの強みであるカラーリングが強調されています。この究極のラグジュアリーな素材に、希少なジェムストーンと遊び心のある加工とディテールへの配慮を施しました。壮麗なジェムストーンからハイジュエリー、さらにはストリートアートや1970年代の創造的な熱狂まで、極めて多岐にわたるインスピレーションによって、このシーズンの新しいテキスチャーは、自然の本来のカラーのグラマラスな輝きをとらえています。

始まりは、控えめなロマンスです。セルペンティ フォーエバー マーメイド パイソンは、地中海から誕生した、夢のようなインスピレーションの物語です。誘惑の魔法と魅惑する能力において、蛇に匹敵できる唯一の存在、マーメイドがたぐいまれな美しさと自身の尾のカラーパレットをこの輝く洗練さのクラッチにもたらしています。

使用されるパイソンスキンはフロントカットで、蛇のうろこが小さめである背部分を見せています。スキンは樽でブラックカラーに染められた後、シルバーのフィリグレホイルで覆われ、ロールに通されます。この上ない柔らかさは、“volantatura(ヴォランタトゥーラ)”加工によってもたらされます。この加工は、ドラム内側のスキンの連続した回転運動によって繊維を断ち切り、本来のテキスチャーを強調するものです。次に職人がエアブラシを用いてスキンをハンドペイントで塗り、アクアマリングリーンやロイヤルサファイアなどのニュアンスのある色調で、魅惑的な人魚の色彩を表現しています。さらにカラーを定着させ、スキンの光沢を維持するための最終的な加工が施されます。
希少なスキンの自然な風合いに沿って流れるフォレストエメラルドの深いグリーンが、遊び心のあるディーヴァ ドリーム メテオール パイソンの印象的な雰囲気を醸し出しています。フェミニン、豪奢、バイブレーション。この生き生きとしたニュアンスは、これほどまでの希少な素材と組み合わせるのであれば、たったひとつのカラーであっても発揮できる、メテオール(流星)のパワーを表しています。クラフツマンシップによるこの最高傑作を実現するために、スキンの風合いは、自然なパターンに沿って、熟練職人によるハンドペイントが施され、その様はブルガリがジェムストーンの自然な特性に手を加えるのとまったく同様です。この内側のコアが意図されるトーンで色付けされている一方で、外側のサイドは滑らかなグラデーションが付けられています。液状のメタリック顔料によって、うろこの中心線が強調され、“lissatura(リッサトゥーラ)”(艶出し)と呼ばれる最終加工によって、まるで鏡のように艶やかな仕上げが施された、スキンに光沢が現れます。

メンズ コレクション

大胆なデザインとイタリアのクラフツマンシップを誇る「色の魔術師」、ブルガリ。ローマのハイジュエラーが培ってきた独特なクリエーションに基づき、贅沢な素材をハンドワークと繊細なカラーで、唯一無二のエレガントなデザインに仕上げた2018年秋冬コレクションをお届けします。

ブルガリのアイコニックなエンブレムがポケットから顔をのぞかせる「ブルガリ・ブルガリ」は、ブランドのインスピレーションソースとなる卓越したローマの伝統を鮮やかに表現し、洗練された紳士のスマートなスタイルを作り上げます。貴重なグレインレザーは美しく磨きあげられ、イタリアのクラフツマンシップによる機能美と耐久性を極めた逸品と言えるでしょう。「ブルガリ・ブルガリ」のバッグは、エレガントな装いに最適な、キャニオンアンバーのモダンな色調が魅力です。
遊び心のある、ポップにインスパイアされたパターンとカラーによって、新しいブルガリ テキスタイル コレクションが構成されています。キャルは、タイムレスなアピールを持つレトロスタイルのシルクで、セルペンティ ブロックとポップコーンとして登場しています。また、モダンなシルクのミニスカーフ、シェリー ドロップアートとタイ ミー ポップ サインは、無限の組み合わせで結ぶことができます。これらのマストハブなアクセサリーはアートと創造性のストーリーによって、私たちを楽しませてくれます。
「セルペンティ」ジュエルを連想させるデザインがポップ アートのカラーパズルの鍵を握る一方で、ポップコーンのモチーフは、この上なくシックなスタイルの中で、カモフラージュを楽しんでいます。生き生きとした、カラフルなストライプとフォルムがスタイリッシュな幾何学模様の「ディーヴァ ドリーム」とコントラストを成すと共に、アイコニックな円形の「ブルガリ・ブルガリ」モチーフは、創造的に飛び跳ねる円周として再解釈されています。

首や手首の周りに絡めて、あるいはお気に入りのバッグに結んで、「タイ ミー」を身に付けるためのフレッシュな新しい方法はいかなる時でも存在します。魅力をたたえたブラックの目があしらわれた、催眠に誘うかのようなライトゴールドのスネークヘッドで、究極のコンテンポラリーなスタイルと豪奢なひねりをもたらすシルクアイテムを留めれば、ブルガリにとっては、際立つ誘惑のために、これ以上スタイリングにふさわしい方法は見当たりません。

デザインが重量を定義するとしたら、何が起こるでしょう?蛇のまばゆいうろこがコレクションの特徴としてのモチーフになったら?それはきっと、自由自在な創造性です。
このスタイルの秘密は端正で、幾何学的なラインを気楽で蛇のような魅惑とエフォートレスに組み合わせたサングラスにあります。これは、まさに自信に満ちた女性に推奨するアイテムです。オリジナルのセルペントアイズモデルに続いて、セルペント アイズ Xとセルペントアイズ パワーアップが誕生しました。ヘキサゴナルまたは角度をつけたレンズからダブルフレームまで、両モデルはステートメントな幾何学的フォルムをうろこへの心からの愛着と融合させています。今シーズンは、セルペントアイズ リバース サングラスによって、アイコニックなデザインの新しい解釈も登場しています。レンズの後ろにカモフラージュされるヘキサゴナルフレームを特徴とし、ミステリーに包まれたまなざしを囲む、幻想的な視点を生み出しています。
魅惑的でありながらみなぎる力強さ、心地良いフェミニンさを醸し出しながら危険なまでに魅惑的という、誘惑の二面性がセルペンティ テンプタリシャスサングラスに具現化されています。マルチカラーの魅惑的なうろこは、この上なくフェミニンなオープンワークフレームの上に漂い、茶目っ気たっぷりに魅惑しています。

新しいデザインにインスパイアされたコレクションは、セルペンティ スケールスビートという名前自体が華やかで、感情をかきたてるリズムと同意語であるシールドスタイルに加えて、サングラスと眼鏡の両コレクションで、うろこが普段のルックのエッセンシャルとなっている、フェミニンで、カラフルなキャットアイフレームによって描き出されています。
一方で、このうえないほどラジュグアリーで、まるでジュエルのようなディテールは、コレクションの最もグラマラスな作品を確立しています。「セルペンティ」サングラスでは、アイコニックなスネークヘッドに端正な幾何学的ラインによって、コンテンポラリーなアップデートが施されており、メタルまたはアセテートのバタフライフレーム、あるいはアセテートのさらに角度をつけたスクエアフレームに、ウルトラモダンな魅力を加えています。
ジュエルにインスパイアされたこれらの作品への締めくくりのタッチは、カジュアルシックな「ブルガリ・ブルガリ」サングラスです。アビエーターレンズのこのサングラスは、アイコニックなダブルロゴディスクがテンプルに刻印された装飾になっています。ジュエリーと同様に、丸みを帯びた装飾がブラック、ホワイト、またはレッドによるマルチなカラーコンビネーションの切り替え効果を発揮させており、ブルガリほどカラー遊びに長けたブランドはありません。

セルペンティ

他にはないブルガリの創作力を象徴するコレクションとして1940年代から愛されている「セルペンティ」の新作には、ポップコーンをモチーフにした遊び心あふれるバッグから、立体的のマトラッセパターンとモダンなフレームでアクセントをつけたバッグにいたるまで、今期のテーマであるヒプノティックからインスパイアされた大胆な幾何学模様と驚きが融合した魅惑的なバッグが数多く登場します。

ディーヴァ ドリーム

古代ローマの遺跡にほどこされた独特なモザイクにインスピレーションを受けた「ディーヴァ ドリーム」コレクションからは、ラグジュアリーでシックな新色が登場。アイコニックな扇形をクロージャーにあしらったこのしなやかなフォルムのバッグは、本コレクションが持つ独特なフェミニニティとエレガンスを余すところなく表現しています。

ブルガリ・ブルガリ アルバ バッグ

富と輝きを表現する刻印が施された古代ローマ帝国のコインがペンダントにあしらわれた、実用的かつエレガンスさも合わせ持つ「ブルガリ・ブルガリ アルバ バッグ」コレクションからは、ローマンガーネットをはじめとする優美な色あいの新色が登場しました。機能性に優れ、傷がつきにくく耐久性に富んだグレインカーフ素材は幅広いシーンで活躍し、バリエーション豊富なカラーパレットで女性の装いに華やぎを沿えます。

スカーフ/シェリー

遊び心あるポップにインスパイアされたカラーやデザインは、貴重なシルクで作られたテキスタイルにも命を吹き込みます。ブルガリの大胆な精神でデザインされた熟練の職人のハンドメイドによる本コレクションは、ラグジュエリーなデザインの中にみられるアートと創造性のストーリーを表現しています。

アイウェア

本コレクションは端正で、幾何学なラインを蛇のような魅惑をエフォートレスに表現しています。ヘキサゴナルフレームに蛇のうろこを思わせる六角形のパターンが滑り落ちるような大胆なデザインや、レンズの後ろにカモフラージュされるヘキサゴナルフレームを特徴するデザイン、そして六角形の透かし模様があしらわれたアビエーターレンズをはじめとする「セルペンティ」など、ブランドのモダニティとスタイルが表現されたコレクションをお届けします。

ブルガリ・ブルガリ(メンズコレクション)

フォーマルなデザイン、そして質と格を兼ね備えた「ブルガリ・ブルガリ」コレクションは、ポリッシュ仕上げのレザーにナッパ革を内側にもちいた上品なスタイルが魅力です。新色の温かみのあるキャニオンアンバーが登場し、紳士にふさわしいモードなスタイルをお楽しみいただけます。

ブルガリ / ブルガリ ジャパン

お問い合わせ先: TEL.03-6362-0100
公式ウェブサイト: https://www.bulgari.com/ja-jp
公式facebook: https://www.facebook.com/Bulgari
公式Instagram: https://www.instagram.com/bulgariofficial/

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed