ファショコン通信公式ブログ

ボッテガ・ヴェネタ、2016年春夏広告キャンペーン <アート・オブ・コラボレーション>にヴィヴィアン・サッセンを起用


ボッテガ・ヴェネタは、2016年春夏コレクションの広告キャンペーンに芸術的才能と独特の感性を持つオランダ人フォトグラファーのヴィヴィアン・サッセンを起用いたしました。クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーと有名アーティストとの創造的なコラボレーションを築いてきたシーリーズ<アート・オブ・コラボレーション>の最新作はオランダ、オッテルローのクレラー・ミュラー美術館にある彫刻庭園に設置されたジャン・デュビュッフェの作品“Jardin D’email”にて撮影されました。このインスタレーションは純白の舞台が無秩序に広がる芸術作品で、アウトドアライフと自然環境を賛美し、自然界の色にエネルギーや個性を携えた2016年春夏ウィメンズおよびメンズ・コレクションの精神をとらえています。
img_86995_1
ヴィヴィアン・サッセンのユニークな視点は、アフリカのケニアで過ごした幼少時代に出会った人々や特別な色彩、光と影に対する類まれな感性から強い影響を受けました。サッセンは屋外での撮影を好むフォトグラファーで、その作品の特徴である独特の空気感や神秘性を伝えるエネルギッシュで鮮烈なイメージを生み出しています。今回の撮影ではモデルのミカ・アルガナラズとスヴェン・デ・ヴリーズが人目を引く不自然な姿勢でポーズを取る生きた彫刻に変身。サッセンは色や質感、コントラストに重点を置くことで、パーソナルなストーリーを物語る作品を作り出しました。
img_86995_2
トーマス・マイヤーは「サッセンの作品は美しく、同時に謎めいています。彼女の作り出すイメージや雰囲気、独特の神秘的な感覚には、引き込まれずにいられません。大胆に実験するところや、ルールを破りながらも自分のバランスを失わないところが本当にすばらしい」と語っています。

荒木経惟やナン・ゴールディン、フィリップ・ロルカ・ディ・コルシア、ピーター・ヒューゴ、ピーター・リンドバーグ、ユルゲン・テラーなど、これまでに数多くの著名なフォトグラファーがボッテガ・ヴェネタの広告作品を手掛けてきましたが、サッセンは今回のキャンペーンを通じて新たにその仲間に加わりました。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed