ファショコン通信公式ブログ

【ブヘラジャパン】Go! サッカースイス代表チーム! 4年に一度のサッカーイベントに日本からカール F. ブヘラも熱い声援を送ります。


6月14日(木)~7月16日(月/祝)、 スイスの時計ブランド カール F. ブヘラは日本において「サッカースイス代表チーム応援キャンペーン」を実施します。 2016年からサッカースイス代表チームのオフィシャルタイムキーパーを務めるカール F. ブヘラならではの特別なキャンペーンです。

サッカーファンのみならず、 スポーツを愛する世界の人々が注目するサッカーのビッグイベントがいよいよ6月14日からロシアで開催され、 世界中から予選を勝ち抜いてきた32チームによる熱戦が繰り広げられます。 2016年からスイスサッカー協会のオフィシャルタイムキーパーを務めるカール F. ブヘラは、 欧州予選を勝ち抜いて出場を決めたスイス代表チームをサポートしています。

今回のキャンペーンでは、 オフィシャルタイムキーパーだからこそ可能になった特別なものをご用意しました。 期間中、 カール F. ブヘラのスキューバテックコレクションをご購入の方から抽選で2名様にスイス代表選手のサイン入り特別サッカーボールをプレゼントいたします。

この特別なサッカーボールに選手や監督たちのサインがあります!

パトラビ スキューバテックは、オフィシャルタイムキーパーが正式に決定した2016年、カール F. ブヘラから代表選手、監督、コーチ、サポートメンバーに贈呈されたモデルです。
スイスサッカー協会(SFA)とコラボレーションしたモデルはベゼルにSFAのロゴを入れ、スイスのナショナルカラー赤をアクセントに使用したユニークなデザインです。ダイヤルをよく見ると選手がボールをキックした姿がモチーフとなって細かいパターンを描いています。機能的にも500m防水と本格ダイバーズウォッチ仕様に製造されており、タフなシーンでも耐えられる頑丈なケースが存在感を示します。

キャンペーン対象コレクションのパトラビ スキューバテックはこのSFAモデル以外にも多くのバリエーションがあります。特徴的なのはベゼルやリューズのブルーカラーでしょう。これは創業地であり今もブランドにとってのホームタウンであるルツェルンの州旗に使われている特別な色ですので、他とは違う自分だけのスタイルを求める人にはぜひ手に取っていただきたいモデルです。

「A Single Second Can Change History―わずか1秒でも歴史を変える」1分1秒がいかに大切かを理解する時計メーカーとアスリートたち。カール F. ブヘラはスイス代表チームの健闘を日本から祈るとともに、全てのアスリートたちが4年間待ち続けた大舞台で最高のパフォーマンスをすることを楽しみにしています!

<サッカースイス代表チーム応援キャンペーン>

2018年6月14日(木)~ 7月16日(月/祝)
全国正規取扱店にて実施

期間中、カール F. ブヘラ パトラビ スキューバテックをご購入の方から抽選で2名様にスイス代表選手サイン入り特別サッカーボール(非売品)をプレゼント。
購入者の方は購入店舗でエントリーシートに必要事項を記入してもらいます。
キャンペーン終了後、ブヘラジャパン内で公正な抽選を行い、当選結果は8月上旬プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

詳細については下記へお問い合わせください:
ブヘラジャパン株式会社
マーケティングマネージャー 笠岡安紀子
Tel. 03-6226-4650
E­Mail: akiko.kasaoka@carl-f-bucherer.co.jp

カール F. ブヘラについて

1888年の創業以来、カール F. ブヘラの名前は、優れた品質、革新、そして時計作りに対する情熱の代名詞でした。ルツェルン創業のスイスのファミリー企業は、創業者のパイオニア精神と本拠地ルツェルンの国際感覚によって、世界的に有名なグローバルブランドへと成長。今やカール F. ブヘラは数少ないファミリー経営のスイス時計メーカーの一つであり、現在はブヘラ家3代目、ヨルグ G.ブヘラがブランドを引き継いでいます。

スイス国内の自社工場で時計とムーブメントの開発、そして製造を行っています。そして、節目となる最も重要な出来事は、外周を回転するペリフェラルローターを備えた自社製のムーブメント開発です。これをベースにした一連のムーブメント生産は、カール F. ブヘラが初めて成し遂げた技術革新です。カール F. ブヘラは、質が高いスイスの確かな職人技術と独特のスタイル、そして細部に至るまでの精巧さが凝縮された、数々の独創的な時計を生み出し続けます。
カール F. ブヘラ – ルツェルン生まれの時計

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed