ファショコン通信公式ブログ

【ラコステ】2018年度 全仏オープンスポンサードを記したローラン・ギャロスコレクションが、ラコステから発売


フランス生まれのプレミアムカジュアルブランド ラコステ<株式会社 ラコステ ジャパン>(本社:東京都渋谷区神宮前2-34-17 代表取締役社長 李 孝)より、2018年全仏オープン(ローラン・ギャロス)の開催を記念し、全仏オープンとコラボレーションしたローラン・ギャロスコレクションを発売いたします。

テニススピリットあふれるデザインで、エレガントかつリラックスしたスタイルで表現したコレクションです。清楚な印象のネイビーカラーとホワイトを引き立てる明るいカラーをあしらい、「Elegance, game, set, match」というスローガンを遊び心のあるデザインに。弾むテニスボールの生き生きとした様子やテニスネットの網目にインスパイアされたチェック模様を組み合わせたユニークなデザインが特徴です。

アイテムは、ポロシャツ、Tシャツ、スウェットシャツ、キャップなど。超速乾で伸縮性のあるピケ素材を使用したポロシャツは、全面にテニスコート上のネットをモチーフにしたチェック柄のプリントが施され、オレンジのジッパーがアクセントになっています。コントラストカラーのパイピングが施されたホワイトのコットンピケポロシャツの胸とキャップには、「Game, Set and Match」という文字が入ったテニスボール形のバッジがあしらわれています。Tシャツには、「Elegance, Game, Set, Match」というスローガンをあしらっています。

ラコステとローラン・ギャロスの歴史】

ラコステとローラン・ギャロス・スタジアムとの歴史的な結びつきは1928年に遡ります。1927年、四銃士(Jean Borotra,Jacques Brugnon, Henri Cochet, René LACOSTE)がDavis Cupで歴史的勝利を飾った翌年である1928年にローラン・ギャロスの最初のコートが建築されました。そして、1929年にPort d’Auteilで初めて開催されたフレンチオープンで、ルネ・ラコステは、彼にとって3度目の優勝を果たしました。(1925年, 1927年, 1929年に優勝)こうした歴史を重んじ、ルネ・ラコステがテニス選手時代に活躍した場所であるローラン・ギャロスとラコステは1971年にパートナーシップを結びました。以来、トーナメント開催中のブランド露出と共同ブランドによるコラボレーションを中心に、パートナーとして活動しています。

<ローラン・ギャロス コレクション> ※価格は全て税別

展開時期:2018年5月24日~
展開店舗:下記の25店舗及びLACOSTE e-shop(www.LACOSTE.jp)にて展開します。
        ※ローラン・ギャロストーナメント中に会場でも購入可能

日比谷店、渋谷店、京都店、小田急百貨店新宿店ハルク、新宿タカシマヤ店、吉祥寺店、東武百貨店池袋店、西武百貨店池袋本店、ダイバーシティ東京プラザ店、松屋銀座店、横浜元町店、ららぽーと横浜店、そごう千葉店、大丸札幌店、小倉店、イオンモールナゴヤドーム前店、ジェイアール名古屋タカシマヤ店、流山おおたかの森S・C店、大丸梅田店、あべのハルカス近鉄本店、三宮店、いよてつ高島屋店、福岡天神店、福岡三越店、名取店

PH3351L ¥16,000(2色展開)

EF5644 ¥16,000(1色展開)

商品の問い合わせ先:ラコステお客様センター 0120-37-0202

公式サイト:www.lacoste.jp

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed