ファショコン通信公式ブログ

doublet 2015-2016 A/W “UN-GRUNGE”


ダブレットdoublet)の 2015-2016 A/W のテーマは「UN-GRUNGE」

グランジに否定の“UN”を付けた”グランジではない”というテーマ。

華美にするための装飾技術の刺繍で破れた柄を表現したり、上品なウールに鹿革のラフな端の部分を貼付けたライダース。
スパンコールで表現した「BEAUTYFUL」という文字は崩れ落ち、ムートンという高級素材はストリート感あふれるMA-1に。
光沢を出す毛焼きの行行程を省いた毛羽だったままのベルベットや、ジャガード織で表現したニットに見える布帛生地。
「汚れた」「薄汚い」という意味のグランジに、相反する「美しい」「上品」という要素を合わせたコレクション。

グランジ・ファッションに否定の意味を表す「un」を付け、優雅・上品な要素にグランジ的要素をミックスしたイメージのコレクション。

グランジがテーマということで、ダメージ加工が施されているアイテムのシリーズは、優雅・上品な要素として本来は装飾のために用いる刺繍という技術が、ダメージ加工を表現する手法として用いられており、美しさのための技術で汚れやダメージを表す解れが表現されているのが特徴。ダメージ部分は破れたジーンズの解れ部分をスキャンして取得したものだそうだ。

また、アラン柄の網が交差した部分が途中から解けて行くイメージのディテールのニットは、解けた後のパーツが垂れているのが心憎い演出になっていた。上品なアランニットがグランジしたイメージに仕上がっているのが印象的。

さらに、防縮のウールデニムに洗いをかけることで毛玉が噴き出すように仕上げられたデニムを用いたアイテムのシリーズもあり、デニムでありながらも、一般的なデニムでは生じ得ないグランジな毛玉感が斬新なアイテムとなっていた。

その他、ムートンの表をカーキに染色し、裏のボア面をオレンジのMA-1カラーになるように染色した、ムートン1枚仕立てであるのに表裏違う色になっている「世界一暖かい」(自称)MA-1ライダースジャケット、優雅・上品な要素としてのウール素材に鹿革をボンディングして合体させた、レザーからウールへの自然な切り替えが注目すべきライダースジャケット、上部のニットから下部のシャツに自然に切り替わっていくように仕上げられたトップス等、ダブレットらしいユーモアとセオリーの共鳴が心地良いコレクションであった。

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed