ファショコン通信公式ブログ

tokyoeye 2015 プロジェクト、Zip Zone Paris 出展により海外展開への手応えを実感


独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)の協力のもと主催するNext Market-in 事業で、海外進出を目指す中小・新進のファッション関連ブランドを支援する「tokyoeye (トーキョーアイ) 2015」プロジェクトにおいて、レディスアパレル6、服飾雑貨・アクセサリー4 の10 社が、3 月6 日~8 日にパリの装飾美術館で開催された『Zip Zone Paris (ジップゾーンパリ)』に出展しました。
会期中はヨーロッパを中心にアジア、中東などから650 名を超えるバイヤーやジャーナリストがtokyoeye 2015 の会場を訪れ、活発な商談が行われました。パリの有名セレクトショップ『colette』のクリエイティブ・ディレクターであるサラ・アンドルマン氏や、世界的に有名なファッションブロガーであるダイアン・ペルネ氏のチームも会場を訪れ、参加ブランドの提案する日本ならではの高品質な素材や、伝統技術を活かしたモダンなデザイン、繊細なディテールなどに熱心に見入っていました。
公募で選ばれた参加ブランドは、出展までに3 回にわたってフランスから招聘した海外専門家から商品開発についてアドバイスを受け、海外市場向けにサイズや価格、MD などに改良を加えてきました。実際にバイヤーとやりとりする中で、参加ブランドからは「事前にいただいたアドバイスを活かして商品を絞り込んだお蔭で、バイヤーからの反応もよかった」「バイヤーの反応が、事前にアドバイスで聞いていたとおり。展示会での見せ方についてさらなる課題も感じたので、今後にも活かしていきたい」などの声が聞かれました。
2014 年6 月から約9 ヶ月にわたって実施された本プロジェクトを経て、参加ブランド各社は、海外進出への意欲をよりいっそう強めていました。

(問合せ先) 伊藤忠ファッションシステム株式会社内tokyoeye 2015 プロジェクト事務局
担当(竹澤): tokyoeye@ifs.co.jp
本事業の主催: 中小機構
中小機構(正式名称:独立行政法人中小企業基盤整備機構)は経済産業省所管の中小企業施策の総合的な実施機関です。
日本経済を支える中小企業を元気にするため、全国9 ヵ所の地域本部を地域の最前線として、企業のライフステージや課題に合わせた支援体制で中小企業を幅広くサポートしていきます。
中小機構WEB サイト http://www.smrj.go.jp/

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed