ファショコン通信公式ブログ

ボッテガ・ヴェネタ 2014-15年クルーズ・コレクションを発表


ボッテガ・ヴェネタの2014-2015年クルーズ・コレクションは、絵画的な色、滑らかなライン、そして好奇心をかきたてる染色、ブリーチをかけた技法が大きな特徴となっています。メンズ、ウィメンズとも、一見するとリラックスしたさりげないデザインながら、よく見ると他に類のないクラフツマンシップが凝縮されていることが分かります。

ウィメンズのカラーパレットはティエポロによるフレスコ画からヒントを得たパステルカラーを中心に、スカイブルーやペールバイオレット、イエロー、ピーチに近いピンクカラーのフラミンゴ、洗いをかけたようなグリーンセージ、パーム、サンド、ペール、ミストといった色が使われています。さらに差し色として、バーントレッドやエスプレッソ、ブラックといった鮮やかな色や濃い色が意外なところに使われています。一方、メンズのカラーパレットはブラックやネイビー、バーントレッド、エスプレッソが主流ですが、スカイブルーやミスト、フラミンゴ、セージ、パーム、ペール、サンドも取り入れられています。

シルエットはゆとりがあり、体を締め付けません。ウィメンズのウェアは丈のバリエーションが豊富で、その魅力を引き立てるようにショートからロングまで幅広く展開しています。メンズのシャツ、パンツ、ジャケットはいずれも細部まで丁寧に仕立てられていますが、デザイン的にはカジュアルで、様々なシーンに対応できます。素材はクリスプコットンやコットンリネン、ビスコースなど、季節の変わり目に合った軽いものが揃っています。ニットもコレクション全体を通して多数のアイテムが用意されており、ユニークな技法を取り入れています。ウィメンズのニットはボディラインに沿った薄手のものが中心で、メンズは質感の豊かさをより強調したデザインとなっています。なおウィメンズでは、特にボリュームのある厚手のニットウェアも数点展開しています。

今シーズン、特にユニークなのはブリーチを使った技法やアイデアで、プロセスの過程によって自然に起こるデザインの可能性を探っています。今回のコレクションのために特別に考案された画期的な技術には、プリントやつや消し、オーバープリント、浸し染めなどがあり、生地を加工することで思い通りの表情を作り出しています。

今回のコレクションでは、新しいデザインのバッグを多数展開しています。たとえばシボが美しいカラフルなゴートレザーやつややかなスネークスキンなどを使い、新しい色、形、素材の組み合わせを極限まで追求しました。ウィメンズのシューズは、フラットなバレエシューズやオープントゥのサンダル、甲や足首を靴ひもで結ぶタイプのハイヒールなどがあり、いずれもシルエットのアクセントとなるよう考えてデザインされています。メンズはスニーカーとブローグシューズを掛け合わせたようなデザインが特徴で、ウェアに合わせてカジュアルな雰囲気に仕上げています。スターリングシルバーを使ったウィメンズのジュエリーは堅苦しさのないウェアの雰囲気を反映したデザインで、ひび割れや裂け目、いびつな形から繊細な編み込みのディテールがのぞく巧妙な造りが、不完全で魅力的な美しさを生み出しています。

クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーは「クルーズ・コレクションは必ず、快適で気楽な雰囲気から始めることが肝心です。今回は、コントロールするのが難しい技術に挑戦することに興味がありました。その結果はものすごく繊細であったり、あるいは非常にはっきりしたものであったり…いずれにしてもそこから生まれる可能性を探りたいと思ったのです」と語っています。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed