ファショコン通信公式ブログ

ボッテガ・ヴェネタ WOMEN’S 2014年春夏コレクションを発表


ボッテガ・ヴェネタの2014年春夏コレクションは、素材やボリューム感の可能性を追求したものとなっています。カラーパレットは幅が広く、フォルムのバランスも多様ですが、コレクション全体に独特の女性らしさと現代性が漂っています。

今シーズンのカラーパレットは、力強いダークカラーと淡いニュートラルカラーの2つのグループにはっきりと分かれています。ダークカラーはブラックや様々な色合いのグレー、アドミラルブルー、ネイビー、エスプレッソ、アーミーグリーン、オーベルジーヌ、バーントレッド、そしてローマの宮殿のファサードを思わせるくすんだサーモンなどがあります。一方、明るめの色には、マッド、サンド、ミストがあり、それに眩しいほどのホワイトが添えられています。今シーズン特に注目すべきポイントは、ボッテガ・ヴェネタが作り上げたファブリックです。これはコットンと銅の糸をほぼ同量ずつ織り込み、しわを寄せたもので、独特の表情と手触りの素材に仕上がっています。また、このファブリックほどの存在感ではないものの、シルクオーガンザやシルクサテン、コットンポプリン、織り目の詰まったクレープ、プリーツが入ったコットンジャージー、上質なナッパレザー、モヘアの糸なども使われています。今回のコレクションはプリントがありませんが、刺繍やスワッチの技法を用いてプリントのアイデアを実現しています。

シューズは、メンズウェアをルーツとするものが登場します。ゆるく編み込んであり、つま先はナロータイプとスクエアタイプがあります。中でも、長細いレースアップやローファー、つま先が開いていないタイプのミュールが目を引きます。よりフェミニンなデザインでは、バックストラップのサンダルがあります。ヒールの高さは、それぞれのコーディネートのボリューム感やフォルムのバランスによって決まっています。単眼鏡からインスピレーションを得た今シーズンのジュエリーは、形も大きさも様々な丸型の水晶を黒化させたスターリングシルバーにあしらいました。また、イエローゴールドやローズゴールドでアクセントを付けているアイテムもあります。ネックレスやブローチから、ブレスレットやベルトに至るまで、幅広いアクセサリーが建築的な要素と有機的な要素を同時に備えています。トップハンドルのフレームバッグは丈夫なカーフやつややかなマドラス、コットンツイード、クロコダイルなどで作られており、バッグの構造を保ちつつ、ドレープが寄せられリラックスした雰囲気の今シーズンのウェアとのコントラストを演出しています。

クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤーは「今回のコレクションは素材と技術の両方における新鮮さを追求するものとなりました。ファブリックに導かれるような形で、私たちが成し遂げられる可能性を広げていったことは大変興味深いものでした」と語っています。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed