ファショコン通信公式ブログ

デザイナー・satotさんへのウェブインタビューの回答


貴方のプロフィールを教えてください
「30代後半の女性・東京都在住」

貴方は服飾専門学校出身ですか?
「サンディカ パリ佼」

貴方のお仕事内容の詳細を教えてください
「デザイン・立体・パターン・縫製・営業等」

貴方はファッションショーをしたことがありますか?
「独立してからは、まだしてませんが、学生の時でしたら、ポルトデゥ ヴェルサイユのプレタポルテ国際展示会にて。」

貴方がデザイナーになった理由を教えてください
「幼い頃から、父に勧められていたのと。小さい頃から太っていたせいもありましたが、自分を綺麗に見せてくれる、気に入った服がなかなか見つからなくて、遊びに行く服を作り始めてたのがきっかけだと思います。」

貴方がデザイナーになる前に経験したことで、最も有益だったことは何ですか?
「人々と出会うことの大切さや、縁を大事にする事ですかね。」

貴方がお仕事中、嬉しく感じるときや悲しく感じるときはどんなときですか?
「無心になって集中した後の一服とお客さんの喜んだ顔を見れた時は嬉しさとホッとします。 お客様の要望に応えられなかった時や、自分の未熟さを感じるときは悲しさと悔しさがこみ上げます。」

貴方がデザイナーという仕事に嫌悪感を抱くときはどんなときですか?
「自分の作品に値段を付けないと行けない事。<お客様に自分の技術を提供するのですから値段を付けるのは当たり前ですが、何が妥当なのか悩みます。>」

貴方が感じるデザイナーの醍醐味は何ですか?
「個人でやってるので、時間を自由に調整出来る事や、お客様と直接携われる事ですね。」

デザイナーにとって大事なことは何だと思いますか?
「自分を見つめ、自分を見失わない事や、人々に感謝し大事にする気持ちですかね。」

デザイナーという職業について、世間の認識が間違っていると感じることはありますか?
「デザイナーにも色々有ると思いますから、何が間違ってるとは一概に言えないですね。」

デザイナーを志す若者に、ひとことお願いします
「どうしてデザイナーになりいか、どんな事がしたいのか、自分の青写真をしっかり描いていってください。どんなに辛くても思い続ければ必ず時間は掛かっても、形になっていくと自分を信じてください。いまも私は自分に言い続けています。 もしこの職業が駄目だと思ったら、諦める勇気も必要です。お互い未来に希望を持ち続けましょう!!」

ウェブインタビューにご協力くださるデザイナー様はこちらのフォームからご回答をお願いします!

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed