ファショコン通信公式ブログ

デザイナー・R-GREYさんへのウェブインタビューの回答


貴方のプロフィールを教えてください
「20代前半の男性・千葉県在住」

貴方は服飾専門学校出身ですか?
「バンタンデザイン研究所」

貴方のお仕事内容の詳細を教えてください
「国内ブランド。シーズンテーマのミーティングからデザイン、サンプルアップ、発注書の作成までです。 デザインは服のデザインから生地のデザイン、プリントや刺繍のデザインまで全てデザイナーがやります。」

貴方はファッションショーをしたことがありますか?
「友達同士で代官山のカフェバーを使ってやりました。お客さんはスタイリストさんやヘアメイクさん、セレクトショップのバイヤーさんやプレスなど。お客さんもほとんどが知り合いです。もう少しうまくやればビジネスに結びついたかもっ!って猛反省中。」

貴方がデザイナーになった理由を教えてください
「高校が大学付属だったので、そのまま大学に進んだのですが、 ファッションが好きだったので2年で中退して専門学校に行きました。 デザイナーになった理由は・・・ファッションが好きで、絵を書くのも好きだったから。デザイナーになっていなかったら、そのまま大学を出てインディージョーンズみたいな考古学者になるつもりでした。」

貴方がデザイナーになる前に経験したことで、最も有益だったことは何ですか?
「大学の時、史学科だったので、歴史や文科人類学の図説、外国の写真集を沢山読んでレポートを書いたりしていたので、その知識も本も大切なクリエーションの素になっています。」

貴方がお仕事中、嬉しく感じるときや悲しく感じるときはどんなときですか?
「うれしく感じる時は、服がかわいくあがった時。そしてそれが沢山売れた時や着ている人を見た時は本当に嬉しいです。 逆に悲しい時は、洋服を粗末に扱うデザイナーを見た時です。」

貴方がデザイナーという仕事に嫌悪感を抱くときはどんなときですか?
「仕事事態に嫌悪感を感じた事は、殆どありませんが、唯一、 量産した商品が売れなく、焼却処分になってしまった服を見た時は、『地球の資源を無駄にしてしまった』って本当に嫌悪感を抱きました。」

貴方が感じるデザイナーの醍醐味は何ですか?
「洋服のデザイナーに限った事ではないけれど、自分のイメージやメッセージが服となって世の中に出回るっていうのがとても素敵な事だと思います。それを手にとって、全くあった事もない人が何かを感じてくれたりおしゃれを楽しんでくれたり、 すごくすごくHAPPYな事です。」

デザイナーにとって大事なことは何だと思いますか?
「一番忘れてはいけないのは、『社会人』って事です。お互い気持ちよく仕事をしたいのでマナーは大切だし、言動にも気をつけたい。なので一番大切なのはチームワーク。目の前の仲間に気配りが出来ない様ではお客さんの気持ちも判らないと思う。一人じゃ服は作れません。 2番目以降に大切な事は、イメージだったり、恋愛だったり、素材へのこだわりだったり、前向きな事だったり、色々です。」

デザイナーという職業について、世間の認識が間違っていると感じることはありますか?
「『華やかな仕事』と思われがちですが・・・。比較的華やかな仕事だと自分は思います。大変だけれど、楽しくて、やりがいがあって、個人的には世間の認識とそれ程かけはなれていないと思う。 」

デザイナーを志す若者に、ひとことお願いします
「かっこいいデザインをするっていう事と同じくらい『素敵な人になる』っていう事を目指したらいいと思います。 もう少し具体的に言うと、魅力のある人や面白い人って一緒に仕事したいなって思うし、困っていたら助けてあげたいなって思う。何かイベントをするときは一緒にやってみたいなと思うし、これからも関わっていきたいなって思う。それと全く同じ事が自分にも言えるって言う事かな。」

ウェブインタビューにご協力くださるデザイナー様はこちらのフォームからご回答をお願いします!

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed