ファショコン通信公式ブログ

デザイナー・Yさんへのウェブインタビューの回答


貴方のプロフィールを教えてください
「20代後半の男性・北海道在住」

貴方は服飾専門学校出身ですか?
「東京文化服装学院中退」

貴方のお仕事内容の詳細を教えてください
「プライベートブランドの経営・デザイン。企画から投入までの全ての指示・打ち合わせ等。」

貴方はファッションショーをしたことがありますか?
「いいえ」

貴方がデザイナーになった理由を教えてください
「昔からオシャレして目立つのが好きだし、自分を着飾るのが好きだった。もちろん今でもそうです。そのうちに服に対する要求(もっとこういう感じが欲しいとか…)が増して、それを満たすものが少なく感じてきて、『造りたいな…』って思ったのがきっかけです。」

貴方がデザイナーになる前に経験したことで、最も有益だったことは何ですか?
「全く違う職業で経験した事。実力的に役立っている訳ではなく、経験・知識としてかなり自分の肉になっていると感じています。」

貴方がお仕事中、嬉しく感じるときや悲しく感じるときはどんなときですか?
「企画がスムーズに進んだとき。自分が納得出来るデザインが想像でき、自分のビジョン通りの生地と出逢い、ベストの縫製で生産されたときは嬉しいですね。そして、そのアイテムがお客様に受けなくて在庫ストックに並び、それを見て『もっとマーケッティングを勉強しよう…』と、反省するときが悲しいです。」

貴方がデザイナーという仕事に嫌悪感を抱くときはどんなときですか?
「嫌悪感はないですね。それを抱き始めたら、きっとデザイナー生活は終わりになるような気がしますね。」

貴方が感じるデザイナーの醍醐味は何ですか?
「やっぱりお客様が一生懸命働いたお金で、僕の造った物を買ってくれることが醍醐味でしょう。利点は、自分の着たい服が造れてしまうことですか。」

デザイナーにとって大事なことは何だと思いますか?
「遊ぶこと。心を澄ましてあらゆるものを見ること。感じること。知識・経験・実力を身につけることは努力で補うことが出来ます、それよりも感性を磨くことが大切だと思っています。また、その際には『磨こう!』と思って磨くのではなく、自然に磨かれていることが大切。」

デザイナーという職業について、世間の認識が間違っていると感じることはありますか?
「感性に物を言わせてデザインしていることだけが仕事だと思われていること。生産・販売・利益…、具合が悪くなります。」

デザイナーを志す若者に、ひとことお願いします
「『やりたい』のではなく『やる』こと。デザイナーになるのは誰にでも出来ます。その後が肝心。」

ウェブインタビューにご協力くださるデザイナー様はこちらのフォームからご回答をお願いします!

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed