適当に着てもオシャレになる人とならない人


意識せずともオシャレな服装になる人がいる。

顔が良いとかスタイルが良いからとか、そういうのではなく「クローゼットから適当に選んだだけだよ」と言いながら、色やサイズや着こなしが上手にできている人。

中学時代に仲の良かった女の子がそういう子だった。

大学生のある日、原宿でファッションスナップに遭ったという。

いきなり写真を撮られて「すみません。non-noなんですが、写真撮らせてもらえませんか?」と声を掛けられて「え、イヤです」と断った。

「それじゃ、このまま(さっき撮った適当な写真を)掲載させてもらいますね」

「困ります」

「それじゃ、ちゃんと撮影させてください」と半ば脅迫され、いやいやながら応じた。

「これ、雑誌に乗るんですか?」と訊くと

「沢山撮った中から選ぶので、それはわかりません」と言われて、少し安心したものの、結局は半ページ使った大きな扱いで掲載された。

「載ってたの見たよ」と連絡すると

「本当に迷惑。あれ、友達の家での飲み会帰りだったの。着ていた服のブランドのアンケートには全部知りませんて書いたのに、(編集部が)調べて書いてあるし、友達みんなに『これ、あんたが一番手抜きしてるときの恰好じゃんwww』て突っ込まれるし」と、本当に嫌がっていた。

その時の恰好は、アウトドアブランドのフリースを着ての、パンツスタイルであったと記憶している。確かにその辺をウロウロするだけの恰好に見えた。それでも、とってもオシャレに見えた。

例えばピアノの前に座らせて「適当に何か弾いてみて」と言われた素人が、聴き心地の良い音楽を奏でられるか?と言えば、それは無理な話だ。音階すらもめちゃくちゃになりかねない。

弾いてみれば、それが心地よいものかどうかは彼らでも判別できる。そして聴くに耐える音楽を弾こうとすると、何度も確認しながら「うん、これならいいかな」と時間を掛けて音を探し出す必要があるだろう。

ところが慣れた人ならば、即興でも心地よい音楽を弾くことができる。どこを弾いたら音が外れないか、そしてどう流れるのが自然かとの感覚が体得されている。

外れたら、そこがピンポイントでわかって修正ができる。

(達人による完全即興演奏の極み Keith Jarrett – THE KÖLN CONCERT

 

ファッションコーディネートもそういうものだと思うのだ。

着る前から無意識でもまとまっている人、何度も試してみないとわからない人。

これはスキルである。

ちなみに私は後者である。適当に着たら、無茶苦茶なメロディになるやつだ。

「適当に着てもオシャレになる人とならない人」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。また記事を拝読できるのがとても嬉しいです。2006年頃によく読ませて頂いていました。当時中学生だったのですが、かなり感性を刺激されたことを今でも覚えています。ちなみに私も後者の人間なので、いつも色やシルエットやらグダグダ考えています(笑)

  2. Rayさん
    コメントありがとうございます。
    ブログが復旧したので、ひっそり書いてみました。言いたいことは言い尽くした気になっていましたが、ふとテーマが思い浮かんで。
    しかし12年前中学生の頃ですか!20代半ば過ぎ、社会人になって私服を着る機会が減って、服への興味はどうでしょうかね。

  3. ご返信ありがとうございます。相変わらず服への関心は高いですが、関心の対象は常に変わっていて、今は以前に比べて先端への興味は薄れ、色も形もベーシックに傾斜しています。仰る通り私服を着る機会が大幅に減ったのが大きいですが、それでもやっぱり、自分のしたい装いができるのは幸せですね。

コメントを残す