ファショコン通信公式ブログ

【ビルケンシュトック】ビルケンシュトックがピッティウオモ94にて2019年春夏コレクションを発表 歴史的なトッリジャーニ庭園がビルケンシュトック一色に。ピッティ ウオモにて、2019年春夏コレクションショーを開催。


ビルケンシュトックは、歴史的なトッリジャーニ庭園で2019年春夏コレクションショーを発表しました。ヨーロッパの中でも広さを誇る私有公園に壮大なセットが組まれ、伝統あるシューズブランドと美しいランドスケイプが融合されました。ビルケンシュトックは最新のコレクションショーを発表することで、ブランドの新たな面をより一層更新していくことに集中し、よりブランドを高めていくことを伝えています。

BIRKENSTOCK Runway Show at Torrigiani Gardens

大規模なピクニックに招待された670人を超える世界各国からのゲストたちは、コラボレートしたデザイナーが演出したショーに合わせたミシェル ゴベールのパフォーマンスも楽しみました。また、業界に影響力のあるスージー・メンケスやキャシー・ホーン、ミシェル・ラミー、アーティストのスターリング・ルビー、デザイナーのアンドレアス・ムルクディス、コスタス ムルクディス、そしてクリストファー・レイバーンなどが出席したショーは、ランドスケイプのデザインと非常に美しく調和しました。


ショーでは、様々な素材や色の新作サンダルをはじめ、スニーカーやレースアップシューズなど、ヴァリエーション豊富に紹介しています。また、バックパックやボディーバッグなども登場し、シンプルな装いによりアクセントをつけています。

ビルケンシュトックは、快適さを追求する「コンフォート・ブランド」としてより大きく発展しており、最新2019年春夏シューズコレクションと合わせてスリーピングシステムや、自然化粧品(スキンケア)なども一緒に紹介しています。

ピッティ ウオモとの強い関わりやファッションとのつながりを強化しつつ、1774年設立の歴史あるブランドの伝統も引き続き伝えていきます。

動画はこちらから↓

ビルケンシュトックについて

ビルケンシュトックは、品質、機能、そして多岐に渡り健康を表すグローバルフットウェアブランドです。従業員3,500名を超え、6世代続く伝統的なファミリー企業は、ドイツ国内のフットウェア産業の中でも最大級の一つです。ビルケンシュトックの歴史は1774年にまでさかのぼります。ビルケンシュトックは「フットベッド」という用語を1930年代にはすでに使用しており、現在に至るまで使用され続けています。1970年代後半にはグローバルプレーヤーの一員に加わりました。現在、サンダルはドイツ国内で製造され、世界の5大陸の100か国以上で販売されています。商品のラインアップは、サンダルや子供用シューズ、ワークシューズ、整形法外科向けの特別なシューズに加え、ソックスやバッグ、ベルトなど幅広く展開しています。さらに、2017年には、スリーピングシステムや自然化粧品(スキンケア)をラインアップに加えました。ドイツのノイシュタッド(ヴィート)に本社があり、ドイツ国内にはノルトライン‐ヴェストファーレン州、ラインラントプファルツ州、ヘッセン州、バイエルン州、ザクセン州に9か所の拠点が、アメリカ、ブラジル、中国、香港、日本、デンマーク、スペイン、英国には営業オフィスがあります。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed