ファショコン通信公式ブログ

「KARTE」がアパレル販売スタッフを軸とした販促支援サービス「STAFF START」と連携を開始 実店舗の販売スタッフが投稿するコーディネート画像のデータを活用し、EC顧客の購入商品や好みに合わせた提案が可能に


株式会社プレイドは、同社が提供する「KARTE(カルテ)」において、株式会社バニッシュ・スタンダード(本社:東京都港区、代表取締役社長:小野里 寧晃)が提供する、実店舗の販売スタッフを軸にオムニチャネル化を推進するアプリケーションサービス「STAFF START」との連携が開始しました。

ウェブ上の行動データを保有している「KARTE」と、店舗の販売スタッフデータを保有する「STAFF START」が連携することで、アパレルの購入要因に大きく影響するとして各社がECサイトやSNSで注力し始めている、実店舗の販売スタッフのコーディネート画像のデータを、デジタルにおける顧客接点でより多面的に、パーソナライズして活用することが可能になります。

実店舗の販売スタッフのコーディネート画像を、EC顧客の行動データに合わせてパーソナライズして提案することが可能に。ファッションECサイト「PAL CLOSET ONLINE STORE」にて導入を開始

本連携の第一弾として、顧客がアパレルのECサイトでカートに入れた商品や、過去に購入した商品を元に、同商品を着用したコーディネート画像をサイト上で紹介し、関連商品の購入を訴求することが可能になりました。また、商品購入後のフォロー施策として、購入商品を着用したコーディネート画像をメールで送信することも可能となっており、ECサイトへの再来訪・追加購入を促します。
尚、本連携施策は既に、ファッションECサイト「PAL CLOSET(パルクローゼット)ONLINE STORE」にて導入を開始しています。

< カートに入れた商品(デニム)と同商品のスタッフコーディネート画像を表示>

今後は顧客の購買データなどを元に、顧客の好みや体型と近い販売スタッフが提案され、マッチングするような実装を予定しています。例えば、同じ身長の販売スタッフをマッチングすることで、ECサイトで課題として取り上げられるサイズ選びの問題が解消されるなど、好みの販売スタッフを参考にしたスムーズなお買い物が実現する予定です。

また将来的には、実店舗の販売スタッフと顧客を、リアルとデジタルの境目なく繋ぎ、顧客のエンゲージメントをより高めるための連携も検討しています。顧客と販売員がデジタルで繋がり店頭で出会ったり、店頭で出会ったスタッフとデジタルでもつながるなど、顧客と販売スタッフとの関係性をシームレスに繋いだ「顧客本位のオムニチャネル化」を目指して参ります。

STAFF START(スタッフスタート)について http://www.staff-start.com/

ファッション業界を中心に店舗販売スタッフのコーディネート投稿を簡易化する業務用アプリケーションサービスからスタートし、現状では投稿したコンテンツからの店舗販売スタッフのEC売上評価やSNS経由売上評価を実現し、商品レビュー投稿、まとめ(ブログ)投稿、店舗取寄(客注)サービスなど続々と店舗とECサイトのオムニチャネル化を推進するサービス提供をしています。

KARTEについて https://karte.io/

KARTE」は、ウェブサイトへ来訪したお客様の行動をリアルタイムに解析して一人ひとり可視化し、個々のお客様にあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するサービスです。2015年3月にサービスを開始しました。高い拡張性を備えているため、オンサイトに限らず様々なシーンでお客様とのコミュニケーションができることはもちろん、既存サービスとの連携も柔軟で、マーケティングの課題やニーズに合わせた様々な活用が可能です。
KARTEは、あらゆるデータから圧倒的な顧客理解を可能とし、エンドユーザーにおける体験価値(CX)の向上を実現します。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed