ファショコン通信公式ブログ

【男性の日焼けに関する意識調査結果】30代・40代男性で日焼けをしたくないが7割以上 日焼けをしたくない男性が急増 紫外線対策は男性も必須の時代に!20代・30代男性の5人に1人が日焼け止めを1年中使用日焼け止めを塗って欲しい女性有名人は新垣結衣さんが1位に


メンズスキンケアブランド BULK HOMME(以下、バルクオム) (運営:株式会社バルクオム 代表取締役CEO:野⼝卓也)は、THE BASIC MENʼS SKIN CAREというコンセプトのもと、2018年5月7日~5月9日の期間で20歳から49歳の男性300名を対象に日焼けに関するインターネット調査を行いました。

■サマリー
・【日焼けをできるだけしたくない】、【絶対にしたくない】と回答した男性は、69.7%。
20代は59.1%に対して、30代では73%、40代では76.1%となった。

・【日焼けをできるだけしたくない】、【絶対にしたくない】と回答した男性のスキンケア方法は、
1位洗顔、2位保湿ケア、日焼け止めを塗るは3位。

・日焼けをした後のアフターフォローは、1位シャワーを浴びる、2位水分補給、保湿は3位。

・紫外線対策として日焼け止めを塗っていると答えた男性の16.9%が日焼け止めを1年中使用。
20代、30代ではともに20.8%と5人に1人の割合で日焼け止めを1年中日使用している。
また、日焼け止めを5・6月から使用する男性の割合が35.2%と1番多かった。

・日焼け止めを塗って欲しい女性芸能人1位新垣結衣さん、2位石原さとみさん、3位深田恭子さん。

Q1.あなたは日焼けしたいと思いますか。(答えは1つ)(N=300)

日焼けに対して、「絶対にしたくない」、「できるだけしたくない」と回答した人が全体の7割にも達する結果となりました。
特に、「絶対にしたくない」と回答したのは、30代が1番多く22.5%。「できるだけしたくない」と回答したのは、40代が1番多く、58.4%とでした。
日焼けをしたくない多くの理由は、「黒くなる」、「肌に良くない」、「シミになる」という回答でした。

Q2.お肌の紫外線対策について、あなたのお考えに近いものをお答えください。(答えは1つ)(N=300)

紫外線対策について、「気にしている」と回答した人は、約50%と高いが、「紫外線対策を行っていない」人は、約70%にも上り、意識と実態に差があることがわかりました。

Q3.Q2で「気にしていて、紫外線対策を行っている」、「気にしているが、十分には、紫外線対策が出来ていない」と答えた人に紫外線対策のために行なっていることをお答えください。(複数回答)(N=94)

紫外線対策として、1番多くは「日焼け止めを塗る」が75.5%、次に「帽子をかぶる」が45.7%、「化粧水を使う」が44.7%と続きます。

Q4. Q3で「日焼け止めを塗る」紫外線対策を行なわれている方にお伺いします。
あなたが行なわれている紫外線対策を始められる時期についてお答えください。(N=71)

紫外線対策として「日焼け止めを塗る」と回答した人の日焼け止めを塗り始める時期は【5~6月頃】が多く35.2%、次に【7~8月頃】が19.7%。「1年中日焼け止めを塗る」と回答した男性は、16.9%もいることがわかりました。
特に20代、30代に注目すると、5人に1人の20.8%が1年中日焼け止めを使用。この世代は、1年中肌関連を気にしていることがわかりました。

Q5.日焼けした後のアフターケアとして行なっているものをお答えください。(複数回答)(N=300)

日焼けをした後のアフターケアとして1番多いのは、「シャワーを浴びる」が50%、次は、「水分を補給する」が46%、「肌の保湿ケアをする」は、30.7%となりました。
年代別にみると、各世代で「シャワーを浴びる」が1番多いが、30代では、「肌の保湿ケアをする」と回答した人が41.6%と30代の男性は、日焼けをした後は、肌の保湿と考えている人が多いことがわかりました。

Q6. 「この人に日焼け止めを塗って欲しい!」と思う女性有名人をお答えください。(複数回答)(N=300)

日焼け止めを塗って欲しい女性有名人は、女優の新垣結衣さんが1位となりました。
新垣さんは、20代、40代でも1位。30代では2位とトータルして高い支持となりました。
2位の石原さとみさんは、30代で1位。40代では2位とこちらも高い支持となりました。
3位の深田恭子さんは、各世代から満遍なく高い支持。4位の白石麻衣さんは20代では、新垣さんに次ぎ2位と、若者から高い支持となりました。

■調査概要

表題 :「男性の日焼け」に関する意識調査
調査対象 :20歳‐49歳 男性
調査方法 :インターネット調査
調査期間 :2018年5月7日~2018年5月9日
調査人数 :300名
調査エリア  :全国

■会社概要

社名   :株式会社バルクオム(BULK HOMME Co., Ltd.)
所在地  :〒150−0002東京都渋谷区渋谷3-26-18 矢倉ビル7F
代表者  :代表取締役CEO 野⼝卓也
設立   :2017年5月19日
2013年4月TSUMO・JP株式会社BULK HOMME事業部として発足。
2017年、組織再編を経て株式会社バルクオム事業開始。
資本金  :9,000万円(2018年1月現在)
事業内容 :化粧品の企画、販売
TEL   :03-5766-8750(平日 11:00~18:00)
URL : https://bulk.co.jp

【参考資料】

■製品情報

販売名  :THE SUNSCREEN(ザ サンスクリーン)
販売価格 :¥2,000(税別)
発売日  :2013年12月
内容量  :40g
販売場所 :自社WEBサイト、Amazon、バラエティショップ、ヘアサロン、免税店など各店舗

男性は、髭を剃ることで、肌のバリア機能である「角質層」を傷つけてしまっている可能性があります。
角質層とは、肌の一番外側にある水分と油分がバランス良く混ざった薄い膜のことで、乾燥や塵、埃などの外部刺激から肌を守ったり、肌の水分の蒸発を防いでくれる役割があります。
しかし、強い洗顔で摩擦を与えたり、カミソリやシェーバーによる髭剃りで、角質層を傷つけてしまうと、バリア機能が低下し、肌が外的ダメージを受けやすくなってしまう恐れがあります。
また、男性の肌は、女性の肌よりも30-40%も水分量が少ないと言われています。男の肌は、テカリにより一見潤って見えていても、実は肌の内側は乾燥しているかもしれないのです。
これから紫外線が強くなる季節を迎えるにあたり、このような肌状態の男性が、紫外線対策をしないまま過度に日焼けしてしまうと、肌は大きなダメージを受けて、シミ、しわ、たるみ、ニキビ、テカり、乾燥など、あらゆる肌トラブルの原因となってしまうかもしれません。
女性のようにメイクをしているわけでもなく、ついつい摩擦や刺激を与えてしまいがちな男性の素肌は紫外線の影響を受け易いため、紫外線ケアが重要となります。
当社が販売しているTHE SUNSCREENは、夏だけでなく、365日降り注いでいる紫外線から肌を守るために、男性でも毎日使いやすい日焼け止めです。

特徴としては、
①石油系界面活性剤、シリコン、紫外線吸収剤のほか、パラベン、合成着色料、鉱物油は使用していません。

②普段使いからアウトドアまで使える高いUVカット性能なのに、白浮きしにくい。
 クレンジング不要で、石けんで落とせるので面倒くさがりな男性でも使いやすいです。

③保湿成分・美容成分を配合し、乾燥などの紫外線ダメージから素肌を守り、潤いを与えます。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed