ファショコン通信公式ブログ

Four Seasons of Gimel-ギメル 美の軌跡“神は細部に宿る”- 2018年4月19(木)〜4月25日(水)※最終日は午後6時閉場GINZA SIX 5階 Artglorieux(アールグロリュー)にて開催


(株)大丸松坂屋百貨店が、GINZA SIX5階で運営するアートギャラリー、Artglorieux GALLERY OF TOKYO(アールグロリュー ギャラリーオブトーキョー)にて、2018年4月19日(木)から4月25日(水)まで、『Four Seasons of Gimel -ギメル 美の軌跡“神は細部に宿る”-』を開催します。
この展覧会は、昨年9月、松坂屋名古屋店の松坂屋美術館で開催し、5000人以上の来館者がありご好評いただいた特別展のエッセンスを凝縮した展示となります。
かけがえのない美しい自然をジュエリーに表現するギメル。“Four Seasons of Gimel=ギメルの四季”というタイトルが表すように、日本の四季を表現する草花などをモチーフに製作されたジュエリーの数々をご覧いただけます。

双葉

チューリップ

紅葉

Gimelのアトリエは1983年の初めに、外資系(スイス)の会社の工房で働いていた二人の優秀な職人を獲得した時からその歴史が始まります。
当時、大阪の心斎橋にオフィスのあったギメルトレーディングは近くのマンションの一室を工房にし、約一年の準備期間を置いた後、良い製品作りには良い環境が必要との見地から、1985年に高級住宅地として有名な芦屋市の山手に瀟洒なアトリエ兼オフィスを建設します。ここに、大阪芸大の金工科を卒業した3人の優秀なスタッフと、経験豊かな石留め職人が加わり、2年後の1987年には芦屋川畔の素晴らしい土地に、より豊かなスペースと総合的なモノ造りを目指して、アトリエ兼オフィスをオープンしました。ここでそれまでダイアモンドのバイヤーとして培われたノウハウと、主にアールデコ期のジュエリーを手本として本格的な工房造りに挑む事になります。それまで、ごく限られた顧客の為の特別なHigh Jewelryしか作ってこなかった工房が、1991年の第2回国際宝飾展(於 幕張メッセ)に初めてGimelとしてブランドデビューし、現在では大阪芸大、大阪美術専門学校、上智大、名古屋大卒等の変り種も含めて、総勢20名(他にGimel専属の外注職人十余名)のクラフトマンを擁しています。

秋桜

とんぼ

サラマンダー

アールグロリューは、株式会社大丸松坂屋百貨店が運営するギャラリーです。
http://artglorieux.jp/

【4月以降の展示スケジュール】(予定)
4/5~4/18 Artglorieux Selection
4/19~4/25 ー ギメル 美の軌跡 “神は細部に宿る” -
4/26~5/2 Pop & Casual Art  Oliver Gal Fair
  ※最終日は午後6時閉場

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed