ファショコン通信公式ブログ

「Amazon Fashion Week TOKYO 2018 A/W」シーズン閉幕


Amazon Fashion Week TOKYO(以下、Amazon FWT) 2018A/W」 (主催:一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構、以下 JFWO)は、主会場の渋谷ヒカリエ、表参道ヒルズを中心に 3 月 19 日(月)〜24 日(土)に開催し、期間中コレクション発表 59 ブランド及び関連イベント 30 以上が実施されました。

Amazon Fashion Week TOKYO 」オフィシャルアンバサダーに就任した杉山ハリーさんと、若い世代にファッションの魅力を発信するオフィシャル ニューエイジ・アンバサダーの藤田ニコルさんも度々会場を訪れ、今シーズンのウィークを大いに盛り上げていただきました。
その他、冠スポンサーの Amazon Fashion が展開する、日本のファッションやデザインのコミュニティーへの継続的支援を目的としたプログラムの一つである「Amazon Fashion “AT TOKYO”」や、一般が参加できる展示会やパーティーなども多数開催し、盛況のうちに幕を下ろしました。

1.来場者数

○主催イベント

(1) 参加ブランド (59 ブランド) 約 23,800 人
*スペシャルプログラム「Amazon Fashion “AT TOKYO”」4 ブランドを除く
○JFWO 共催&後援イベント

(2) 「FASHION PRIZE OF TOKYO」凱旋イベント 100 人
「TOKYO FASHION AWARD」プレスカンファレンス 70 人
MAN / WOMAN TOKYO×Amazon Fashion Week TOKYO パーティー 200 人
約 370 人
* 関連イベントとして 30 以上の展示会、街との取り組み、小売店との連携などの企画が開催されました
※ 3/25 12:00 時点

2.今回のポイント

(1)イベント全体の盛り上がり
会期 6 日の間に、59 ブランド(海外ブランド 7、初参加 20 ブランド)が参加し、特にグローバルで活躍するブランド(Amazon Fashion “AT TOKYO”など)と若手の成長ブランド(AKIKOAOKI、KEISUKEYOSHIDA など)が話題となった。

(2)一般参加
今シーズンも強化施策として、一般へのイベントの認知向上を目指した、一般の方の参加できるコンテンツを継続的に実施。とくに一般が参加できる展示会を積極的に誘致し、展示会での購入とパーティーへの参加が実現。(MAN/WAMAN TOKYO: 23 日、24 日実施※23 日の夜パーティー実施。NEW Jewelry 展:21 日 22 日実施※21 日の夜パーティー実施)また前シーズンよりスタートした「Amazon FWT PARTNER CAFÉ&RESTAURANT」企画では、オリジナルガイドブックを作成し、約 25 店舗の CAFÉ や RESTAURANT をウィークならではの特典で利用できるサービス提供を実施し、街ぐるみで楽しめる企画が充実。

(3)国際化の継続的推進
・「Asian Fashion Meets TOKYO」として 4 年目を迎え、アジアの HUB として東京が定着。
今シーズンは、本プロジェクトではインドネシアから2ブランドが参加。
・ 海外からのインフルエンサーの誘致を積極的に行った。
JFWO から2名、その他 JETRO、経済産業省 商務・サービスグループ クールジャパン政策課、TOKYO FASHION AWARD より誘致。
・グローバルな展示会との連携
英国ウィメンズファッション: 20 日、21 日@渋谷ヒカリエ8F COURT
LONDON MARKET TOKYO:22 日、23 日 @ CASE B
MAN / WOMAN TOKYO : 23 日、24 日 @Ba-tsu Art Gallery
・GQ がショーをプロデュースした「FREIKNOCK」が、会期の最初のショーとして登場。
韓国から多数のゲストも参加して、華々しいオープニングショーとなった。

(4)デザイナー支援推進
・本年度に新設され,すでに国内外で知名度のある東京のファッションデザイナーを1組選定、表彰し、パリでのファッションショー形式のコレクション発表をサポートするプロジェクト「FASHION PRIZE OF TOKYO」。その受賞ブランド「mame」の凱旋イベントが、今シーズン初日、最初のプログラムとして行われた。
・ 世界をフィールドに活躍するポテンシャルの高い東京の旬な6ブランドを選定表彰し、海外での展開をサポートする「TOKYO FASHION AWARD」の凱旋イベント及びプレスカンファレンスが最終日 24 日に行われた。

(5)業界支援・活性化テーマ
・経済産業省 資源エネルギー庁協力のもと、ファッションを通じて省エネ意識促進をねらった「SAVE THE ENERGY PROJECT」。
21 日に実施された2つのブランド(RYOTAMURAKAMI と PERMINUTE)のコレクションにてアピール。会場内には、2つのブランドと関わりのある企業の省エネに関するものづくりを取材したビデオ上映もされ、参加した方々に本プロジェクトの意図をわかりやすく解説。
・業種・地域を超えたコンソーシアムの枠組みを通じ、ファッション産業全体のオープンイノベーションを目指した ”若手デザイナー支援コンソーシアム”プロジェクト設立の記念イベントを実施。
「海外を目指す若手デザイナーに求められるもの」とはと題したトークセッションには、ファッション・ウィーク海外ゲスト VOGUE.COM ジャネール・オクモドゥ氏とイタリアバイヤー協会副会長 クラウディオ・ベッティ氏も参加。

AmazonFWT 2018 A/W 閉幕

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed