ファショコン通信公式ブログ

プーマ®とspoken words projectによる第二弾「ewohaku(絵を履く)」と「ewokiru(絵を着る)」を発表


グローバルスポーツブランドのプーマは、昨年発表したspoken words projectとのコラボレーションを継続し、引き続き「ewohaku」をテーマにしたプーマスウェードに加え、「ewokiru」をテーマにアートを身にまとえるTシャツを発表しました。
SP001
デザイナー飛田正浩氏が手掛けるファッションブランド spoken words projectは、手作業による染めやプリントを施した服作りによって幅広いファンからの共感を得ています。その大胆かつ繊細な色使いや唯一無二なグラフィックをベースとしたコレクションは、各方面からの支持を集めており、アーティストのステージ衣装や舞台美術の制作や、近年は山形ビエンナーレにて詩と服によるアート作品を発表するなど、ファッションの領域を超えて活動しています。プーマとのコラボレーションは今回が2回目で、アートとファッションの領域に挑み続けてきたspoken words projectと、スポーツのパフォーマンスフットウェアやアパレルを作り続けてきたプーマの伝統が再び融合しました。
SP002
今回のプロジェクトは、昨年発表された「ewohaku」を受けて、「ewokiru」というさらに大きなテーマを実現しました。芸術は額縁に入れて鑑賞することが全てではなく、「着て」「履いて」ストリートに飛び出すことができる自由なものであるという概念を、そのスピード感や躍動感をスポーツブランドならではのプロダクトで表現しています。

今回登場の「ewokiru PUMA x SWP Teeは、身にまとうアートとして相応しいspoken words projectのアーカイブからプリントパターン50種類を選び出し、ひとつのパターンからはわずか6枚だけを制作しました。300枚の限定制作の証として背中にはシリアルナンバー付き、各パターンXS~XLの5サイズの展開のため、同じデザインのプリントの同サイズのものはほぼなく、まさに一点もののアートを身にまとうことを実現しました。一枚一枚手作業でプリントするという、極めてアナログでストリート感が強い手法を用いつつも、一点ものというプレミアムならではの作りたての感触を大切にし、実際に着用し洗ってまた着用して、その経年変化まで楽しむことができる仕上がりです。
SP003
「ewohaku」という言葉通り、PUMA Suede for SWPも一足として同じものはありません。東京は亀戸にあるspoken words projectのスタジオにて一枚一枚手作業でプリントされたスウェード皮革を、工場にて裁断し各パーツを無作為に組み合わすことで、1足ずつが全て異なる表情を持つ世界に一つしかないプーマ スウェードが完成しました。今回はホワイトベースのプレミアムスウェードに合わせて、鮮やかなカラーや箔を使用したものに加え、前回はなかったモノトーンのプリントパターンも登場します。

PUMA x spoken words projectは、5月13日(金)よりプーマ及びspoken words project取扱の限定店舗のみで販売します。
SP004

PUMA
プーマはフットウェア、アパレル、アクセサリーのデザイン、開発、販売及びマーケティングを行う、リーディング スポーツブランドです。65年以上に渡り、プーマはこの地球上の最速のアスリートたちのために最速のプロダクトデザインを提供し続けてきました。現在は、フットボール、ランニング、トレーニング&フィットネス、ゴルフ、モータースポーツといったカテゴリーで、パフォーマンスプロダクトとスポーツにインスパイアされたライフスタイルプロダクトを提供しています。アレキサンダー・マックイーンやミハラヤスヒロといった名高いデザイナーズブランドとのエキサイティングなコラボレーションでは、スポーツの世界に革新的かつスピード感溢れるデザインをもたらしています。プーマ グループは、プーマ、コブラゴルフ、トレトン、ドボテックス、そしてブランドンというブランドを有しています。ドイツのヘルツォゲンアウラッハに本社を置くプーマは、120カ国以上でビジネスを展開し、世界中に10,000人以上の従業員を抱えています。より詳しい情報はwww.PUMA.jpでお確かめください。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed