ファショコン通信公式ブログ

アメリカ生まれのポップでキュートなキッズ向けサングラスを発売 飛散防止のポリカーボネート製レンズでUVA/UVBを99%以上カット!


株式会社ダッドウェイ(代表取締役社長:白鳥 公彦)は、子ども向けサングラス『Real KiDs(リアルキッズ)』の2015年モデルを、4月に発売いたします。
img_59882_6
■『Real KiDs(リアルキッズ)』とは
アメリカ発のブランドで、“一人でも多くの子どもの目を紫外線から守りたい!”という想いから設立されました。
img_59882_2
キッズ用のサングラスは、戸外で遊ぶ子どもの目を紫外線から守り続けるためにも、月齢に合わせて気軽に買い替えができる身近なアイテムであるべきと考え、高性能で本格的なキッズ用サングラスを、リーズナブルな価格でご提供しています。
高性能なだけでなく、大人のサングラスの流行も上手く取り入れた、キッズも楽しんで着けられるファッション性の高いデザインです。

【子どものためのデザイン】
小児眼科医の協力のもと、子どもの顔やライフスタイルに合わせてデザインされた、快適で安全なサングラスです。複数サイズあるので、月齢に合ったサイズを選べます。

【こだわりのフレーム・レンズ設計】
ねじっても変形せず、長時間着用しても痛くなりにくい、柔らかくてフレキシブルなフレームと、アクティブな毎日の外遊びにも安心な、飛散防止と耐衝撃性のあるポリカーボネート製レンズを使用しています。

レンズの色は、歩いたり走ったりしても見えづらく無いような、薄めの色に調整されています。紫外線からはしっかり守りつつも、生活動作を遮ることはありません。

さらに、WHO(世界保健機構)によれば「人間が一生のうちに浴びる紫外線の半分以上は18歳ぐらいまでに浴びている」という報告もありますが、『Real KiDs(リアルキッズ)』はU、VA/UVBを99%以上カットすることも第三者試験にて認証済みです。

【医師からのアドバイス】
パパ・ママは帽子をかぶせたり、肌に日焼け止めを塗ったりして徹底的に紫外線対策をしているようですが、実は最も大切なところを忘れているんです。
それは…。子どもの目です。オゾン層の崩壊が進む今日では赤ちゃんの時からアイケアを始めても早すぎることはありません。
Real KiDsのサングラスはおたんじょう後すぐから使えるパーフェクトなアイテムと言えるでしょう。
(Dr.Paul M.Cangiano)

■コレクション(価格は全て1,950円+税)
・My First Shade(マイ・ファーストシェイド)
img_59882_1
対象年齢:おたんじょう~
展開色 :4色

・Explorer(エクスプローラー)
対象年齢:おたんじょう~ / 2歳~
展開色 :各6色

・Sky(スカイ)
img_59882_4
対象年齢:2歳~
展開色 :2色

・Surf(サーフ)
img_59882_3
対象年齢:2歳~ / 4歳~
展開色 :各4色

・Breeze(ブリーズ)
img_59882_5
対象年齢:4歳~
展開色 :3色

オンラインショップ
http://www.dadway-onlineshop.com/baby_brand/realkids/

【会社概要】
会社名: 株式会社ダッドウェイ
本社 : 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目15番地12
代表 : 代表取締役社長 白鳥 公彦
設立 : 1992年10月1日
資本金: 3,000万円
URL  : http://www.dadway.com/

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed