ファショコン通信公式ブログ

ロンジンヘリテージ 1968 スクエアケースに秘められたエレガンス 2014年 2月発売


「エレガンスと革新の融合」をテーマに時計作りを続け、創業 180周年以上の歴史を有するロンジン(スウォッチグループジャパン株式会社、本社:東京都中央区銀座)は、2014年 2月よりロンジンヘリテージ 1968を発売します。

ロンジンホームページ : http://www.longines.jp/

創業 180周年を記念して、 2012年にリニューアルオープンしたロンジンミュージアムには数々の貴重なコレクションが展示されています。その中のひとつ、美しいスクエアの時計を基に製作されたのがロンジンヘリテージ 1968です。シックでアバンギャルドなデザインのこのモデルは、 2つのサイズと素材で展開しています。ヘリテージコレクションに新たに加わったロンジンヘリテージ 1968は、着用する人々を、時を超えた旅へといざないます。

‘Elegance is an attitude’~エレガンス、それは私の意志~をブランドメッセージとするロンジン。

斬新なデザインのロンジンヘリテージ 1968は、ロンジンミュージアムのコレクションを基に製作されました。ロンジンの本社があるスイスのサンティミエに設立された当ミュージアムは、ロンジンの創業 180周年を記念して 2012年にリニューアルオープンしました。ロンジンのブランド価値とテーマであるエレガンス、伝統、イノベーション、スポーツそして冒険に基づく豊かな歴史を数々の展示品から垣間見ることができます。

この新モデルは、素晴らしい展示品のひとつである 1968年に製造された、スクエアの時計からインスピレーションを得て製作されています。 2つのサイズ展開( 26 x 26 mm、 33 x 33 mm)でステンレススティールとローズゴールドの素材があり、時代を超えた美を表現しています。グレーの文字盤にはブラックの細長いローマ数字がペイントされ、外側にチャプターリングが配されています。分針と時針は細く、ブラック光沢塗装が施され、数字のラインと同調する形で繊細なコントラストを成しています。

スクエアのケースは一見よりクラシカルな印象ですが、ボックスサファイアガラスが他にはない特徴です。また、台形の日付表示部分が新鮮でアバンギャルドな印象を与え、かっちりとしたケースのシルエットとコントラストを成しています。 L595自動巻きムーブメントを搭載し、エレガントなブラックアリゲーターストラップが取り付けられています。

テクニカルシート
製品名 :ロンジンヘリテージ 1968(LONGINES HERITAGE1968)
キャリバー :自動巻
レディース:キャリバー L595.2 (ETA 2000/1), 8.ライン , 20石 ,28’800振動数 /時 , パワーリザーブ 40 時間
メンズ:キャリバー L619.2 (ETA 2892/A2), 11.ライン , 21石 ,28’800振動数 /時 , パワーリザーブ 42時間
機能 :時・分・秒・4時半位置に日付表示
ケース :正方形、 26mm x 26mmまたは 33 mm x 33mm、
スティールまたはローズゴールド
無反射コーティングサファイアクリスタル(スクラッチレジスタント)
防水性 :3気圧
文字盤 :シルバー色、12個のローマン数字インデックス
針 : ロジウムプレートまたはローズ、細線のブラック塗装が施された時・分針
ストラップ :バックル付ブラックアリゲーター

L2.792.8.71.0¥ 819,000(税込 ) L2.792.4.71.0¥ 246,750(税込 ) L2.292.8.71.0¥ 756,000(税込 )
※2014年 1月 31日現在の税率に基づき消費税を設定。
1832年の創業以来、スイスのサンティミエに拠点を構えるロンジンは、「伝統」と「エレガンス」、そして技術面での「性能」を最大限に活かし、優れた時計を生み出しています。ロンジンは、数多くの世界的なスポーツイベントの公式計時の製造メーカーであり、また国際的なスポーツ連盟のパートナーとして、長年に渡り豊富な実績を築いてきました。「翼の砂時計」をブランドロゴとして有するロンジンは、世界最大のウォッチマニュファクチュアスウォッチグループのメンバーであり、現在、130カ国以上でビジネスを展開しています。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed