ファショコン通信公式ブログ

Think of Fashion Studyプレ講座と講座シリーズのご案内


think of fashion study は、衣服やファッションに関する書籍を読み解いていくことで、「ファッション」を考えるための方法論について学ぶ講座シリーズです。

4月からスタートするstudy 001(6回を予定 1回90分)では「衣服と身体」をテーマに、身体論の視点から衣服を着るという行為について考えていくことで、社会において衣服をデザインするとはどういうことか探っていきます。
study 001の講師は文化学園大学非常勤講師の菊田琢也氏が務めます。

このシリーズのご案内もかねて001の講師である菊田琢也氏を迎えて、プレ講座をメルセデスベンツファッションウィーク東京後の3月24日(日)15時~16時30分に開催します。
この会にはThink of Fashionのモデレーターの高城梨理世も参加します。

ファッションウィークの喧噪後、ファッションを考えるひと時を。
ファッションをより深く考えていきたい方は是非!!
皆様のご参加お待ちしております。

◇プレ講座 think of fashion study 000 ◇
「ファッションについて考えるためのいくつかの方法」

次の2点についてお話しします。

1. ファッション研究における主要な方法論について簡単な資料を読みながら、これまでのファッション研究でどのような方法論が採用されてきたのかを紹介します。

2. study 001「衣服と身体」 第0回:身体をデザインするコムデギャルソンが1996年に発表した「こぶドレス」(1997SS)に対し、アレキサンダー・マックイーンは「川久保玲は服ではなく、身体をデザインした」と評しました。
この発言が投げかけるいくつかの問題について、身体論の視点から考察していきます。

日時:3月24日(日)15時00分~16時30分
会費:1,500円 ワンドリンク付 (学生の方 1,000円)
会場:カフェ&ギャラリー「ブロックハウス」(blockhouse)4階
東京都渋谷区神宮前6-12ー9(原宿交差点を渋谷方面へ。Audiの裏辺りです。)
TEL:03-6318-2003 http://blockhouse.jp/ 

お申し込み先 palette.produce@gmail.com
題名「プレ講座 think of fashion study 000」とし、お名前、ご連絡先(メールアドレス)を明記の上、お申し込み下さいませ。

本講座のご案内です。

◇ think of fashion study 001 「衣服と身体」 ◇
第1回、2回: ひとはなぜ服を着るのか
鷲田清一が投げかけたストレートな問いから出発し
身体を装うことの文化的・社会的な意味について考えていきます。
また、身体と衣服をめぐる主要な文献を紹介しそのいくつかを読み解いていきます。
第1回 4月28日(日)15時~16時30分
第2回 5月12日(日)15時~16時30分

第3回、4回: 身体デザインという視点から読み解くファッション史
ファッションとは、身体を限定された時間-空間に適応/逸脱させる営みであると考えます。
ファッションデザイナーたちは、それぞれが活動した時代、社会のなかでどのような問題意識を持ち、身体をデザインしていったのか。その歴史を読み解いていきます。
第3回 5月26日(日)15時~16時30分
第4回 6月9日(日)15時~16時30分

第5回、6回: 21世紀の身体を更新するデザイナーたち
2000年代以降のデザイナーについて書かれた評論を参考にしながら、
現在のデザイナーたちがどのように身体に対してアプローチしているのか考えていきます。
そのなかで、ファッションデザインの可能性について議論していきます。
第5回 6月23日(日)15時~16時30分
第6回 7月7日(日)15時~16時30分

講師プロフィール
菊田 琢也(きくた たくや)1979年山形生まれ。縫製業を営む両親のもと、布に囲まれた環境のなかで育つ。
2003年筑波大学卒。在学時にファッション研究を志す。その後文化女子大学大学院博士後期課程を修了(被服環境学博士)
現在、文化学園大学非常勤講師、女子美術大学ライティング・アドバイザー。専門は文化社会学(ファッション研究)。
近著に「装飾の排除から、過剰な装飾へ 「かわいい」から読み解くコムデギャルソン」 (西谷真理子編『相対性コム デ ギャルソン論』フィルムアート社2012)、「やくしまるえつこの輪郭 素描される少女像」(『ユリイカ』第43巻第13号、青土社2011)など。

会費:各回2500円 (学割 2000円) 6回通し 1万2500円 (学割 1万円)

会場:カフェ&ギャラリー ブロックハウス 4階
東京都渋谷区神宮前6-12ー9(原宿交差点を渋谷方面へ。Audiの裏辺りです。)
TEL:03-6318-2003 http://blockhouse.jp/ 

お申し込み先 palette.produce@gmail.com
題名「think of fashion study 001」とし、お名前、ご連絡先(メールアドレス、お電話番号)、所属を明記の上、お申し込み下さいませ。
各回ごとは参加する回を、通しの場合は通しとご記載下さい。

次回のthink of fashion study 002は、「ファッションとおしゃれ」をテーマに考えています。

Think of Fashion 実行委員会
http://www.think-of-fashion.org/ (準備中)
TofF-STUDY

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed