ファショコン通信公式ブログ

デザイナー・fabriqueeさんへのウェブインタビューの回答


貴方のプロフィールを教えてください
「30代前半の女性・兵庫県在住」

貴方の出身校を教えてください
「はい」

貴方のお仕事について教えてください
「フリーデザイナー」

貴方のお仕事内容の詳細を教えてください
「企画、デザイン、プレゼンテーション」

貴方がデザイナーになった理由を教えてください
「母が洋裁をやってて手作りのお洒落な服ばっかり着てたし、兄もなかなかのお洒落でその影響を受けて無類の服好きだったので一生素敵な服を着つづけられる仕事がしたい、ずっとずっと服をさわる仕事がしたいと思ったから。」

貴方がデザイナーになるまでで最も苦しかったことは何ですか?
「学校での授業が嫌だった、くだらなかった!人にお金だしてもらう服をつくらなければ意味がない! だる~い授業、あんなことで日本の学校ではいいデザイナーは育たない。」

貴方がデザイナーになる前に経験したことで、最も勉強になったことは何ですか?
「アートギャラリーのバイト、母に服を創ってもらう時に自分で生地を触って、想像しながら色とデザインのバランスを常に考えていたこと、そして毎日の喜怒哀楽。」

貴方がお仕事中、嬉しく感じるときはどんなときですか?
「パターンナーに意思が伝わり、美しいフォルムの服が出来た時。」

貴方がデザイナーという仕事に嫌悪感を抱くときはどんなときですか?
「アウトレットショップ、バーゲン時期、地球に優しくない仕事と思う。」

貴方が感じるデザイナーの醍醐味は何ですか?
「いい洋服って人を心身共に美しくさせられるし、一瞬でも幸せになってもらえる。」

デザイナーにとって大事なことは何だと思いますか?
「伝統と革新をいつも心に共存させること。あっこれ可愛いの気持ちを忘れない。自分の服に値段がついて売れていくことに対して、嫌悪と自信をバランスよく持ってること。」

デザイナーという職業について、世間の認識が間違っていると感じることはありますか?
「派手、かっこいい、絵だけ書いてる人ってイメージがある。クリエイトの奥深さをわかってない!服のことだけしってればデザイナーになれるわけじゃない。」

デザイナーを志す若者に、ひとことお願いします
「好きなことでも仕事にすると夢じゃなくなる。でもきちんとそこで折り合いをつけて、夢と現実の狭間を生きてゆけばいいデザインは生まれると思う。」

ウェブインタビューにご協力くださるデザイナー様はこちらのフォームからご回答をお願いします!

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed