漂流教室


1昨年だったか、窪塚主演でドラマ化されましたね。
近所の古本屋で文庫版が売っていたので読んでみました。

壮絶な内容。
人がオトナ・コドモ問わず発狂していく様が、これでもかと描かれています。


現実を信じられず自殺する子供、校内に残された僅かな食べ物をめぐっての殺戮。
そんな中主人公の少年だけが(なぜか)理性を保ち続ける。
小説「黒い家」や「バトルロワイヤル」もそうだが、怖いのは人というのが
よくわかります。

SFである以上、ある程度想像の産物の東條は許容できるが、主人公と母親のテレパシー
だけは納得が出来なかったな。

しかし楳図かずおの絵はコワイ。
漂流教室

「漂流教室」への3件のフィードバック

  1. 生きてるひとのほう幽霊よりこわい、
    ってのもよく聞きますよね…

  2. 楳図かずおのクレーンが主人公のマンガに一時期、ハマって読んだ事がありましたが、やはり、この人は天才だと思いました…(w

  3. 奇才とでも言いましょうか。
    どこか頭の回路のずれた才能だと思います。

コメントを残す