ファショコン通信公式ブログ

ハリー・ウィンストンがメインスポンサーを務めるエイズ研究財団のイベント amfARホンコン・ガラに各界のセレブリティが登場


2015年3月14日、ハリー・ウィンストンがメインスポンサーを務めるエイズ研究財団amfAR(The Foundation for AIDS Research)の香港では初となるイベント、amfAR ホンコン・ガラに、映画界やファッション界で活躍する国際的セレブリティが、ハリー・ウィンストンのジュエリーを身につけて華やかに登場しました。
img_58826_1
また、サッカー元日本代表の中田英寿も、ゲストと共にレッドカーペットに登場しました。同イベントのカクテル・レセプションでは、ハリー・ウィンストンの新作ハイジュエリー・コレクション“シークレット・バイ・ハリー・ウィンストン”もお披露目されました。
img_58826_2 img_58826_3
女優のグウィネス・パルトロウは、総計113カラットものダイヤモンド・ジュエリー(イヤリング、ブレスレット、リング)を身に着けました。
img_58826_4 img_58826_5
ファッションモデルのケイト・モスは、総計155カラットものダイヤモンド・ジュエリー(ネックレス、ブレスレット、イヤスタッズ)を、ナオミ・キャンベルは、総計124.67カラットものダイヤモンド・ジュエリー(ブレスレット3本、イヤリング)を身に着けました。
img_58826_6
エイズ研究財団amfAR(The Foundation for AIDS Research)と画期的なパートナーシップを結んだことにより、ハリー・ウィンストンは、同財団が今後3年間に世界各地で行う27のガライベントにおける初めてのメインスポンサーになるとともに、直接的な財政援助や金銭以外の寄付を含む様々な貢献を通じて、グローバルにエイズを撲滅させることを目的としたamfARの活動を支援しています。

<ハリー・ウィンストンについて>
ハリー・ウィンストンは、1932年ニューヨークで創業された世界屈指のダイヤモンドジュエラーです。約1世紀に及ぶその輝かしい歴史には、伝説的なホープ・ダイヤモンドをはじめとする世界有数のダイヤモンドの数々が含まれ、いつしか“キング・オブ・ダイヤモンド”という異名を持つまでになりました。その洗練された美しさ、卓越した技術、そして確固たる品質は、高級ジュエリーの代名詞にもなっています。ハリー・ウィンストンは現在、ニューヨーク、ビバリーヒルズ、ロンドン、パリ、東京、香港、上海を含め世界中の主要都市で店舗を展開しています。

<amfARについて>
エイズ研究財団amfARは、エイズに関する研究、HIV予防教育、治療、エイズ教育、更にエイズに対する社会の正しい理解を確立することを目指す世界屈指の非営利機関です。1985年以来、amfARは4億ドルにも及ぶ資金を様々なプログラムに投資しており、世界中で3,300もの研究チームに援助を行ってきました。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed