ファショコン通信公式ブログ

Think of Fashion 023 Christian Dior  改めて、ディオールとは何かを考える


Think of Fashion 023
Christian Dior  改めて、ディオールとは何かを考える

「エスプリ ディオールディオールの世界」が、10月30日(木)から2015年1月4日(日)まで、銀座の特設会場で開催され、話題を呼んでいます。

元「装苑」「ハイファッション」の副編集長で、現在、京都精華大学特任教授の西谷真理子氏とともに、改めて、ディオールとは何かを考えます。
Think of Fashion 023
LVMHグループの中でも、パリモードの中でも、破格のポジションにあるディオール
1996年にデザイナーに就任後、2000年代最初のディケードを豪華な狂乱のうちに突き進み、2011年3月に反ユダヤ発言がもとで退任させられたジョン・ガリアーノ。
その後任に選ばれた対照的なキャラクターのラフ・シモンズ。

そして、この進退劇に影響されることなく、何事もなかったかのように華やかなパリモードの頂点に位置し続けるディオールというメゾンの根幹をなすものはーー。

ニュールックから始まるディオールの戦後ファッション史に果たした役割と日本への影響について、一緒に考えてみたいと思います。

皆さまのご参加をお待ちしております。

展覧会情報
「エスプリ ディオールディオールの世界」
現在開催中 会期は2015年1月4日(日)まで
場所/東京都中央区銀座3-5-8 玉屋ASビル 
http://www.dior.com/

登壇者プロフィール

西谷真理子
1950年兵庫県生まれ。東京都立大学卒業後、文化出版局に入社。
1980-82年パリ支局勤務。「装苑」「ハイファッション」に在籍し、副編集長を務める。

2011年3月定年で退職。
2011年秋に東京オペラシティで開催された『感じる服、考える服-東京ファッションの現在形』展共同キュレーターを務めカタログを編集。
編著に『ファッションは語りはじめた』『相対性コムデギャルソン論』(ともにフィルムアート社刊)。
2013年4月より、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部ファッションコース特任教授。

日時
2014年12月23日(祝・火)18時00分~19時30分 
会、終了後、講師を交えての懇親会を予定しております。

会費 
事前申し込み2,000円 当日2,500円 1ドリンク付
学割 事前申し込み1,500円 当日2,000円 1ドリンク付

会場
服も作れるコワーキングスペース「coromoza fashion laboratory」
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ408
明治神宮前駅7番出口より徒歩1分
電話番号:03-6450-5560 URL: http://za.coromo.jp/
※会場であるcoromozaは上記の住所に移転しました。
お間違いなくお願い致します。

お申し込み先
palette.produce@gmail.com
「Think of Fashion 023 クリスチャン ディオール」への参加の旨を明記してお申し込みお願いします。
また懇親会参加希望の方はあわせてお知らせ下さい。
(懇親会は別途会費がかかります。)

今後の予定 
予定は決まり次第お知らせします。

Fashion Studies 
Think of Fashion実行委員会 
http://fashionstudies.org/

Think of Fashionは人々の装いについての文化や社会現象などを考えていく会です。
https://www.facebook.com/think.of.fashion
上記のフェイスブックページに過去の回のことが載っております。

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed