ファショコン通信公式ブログ

HINEKEN HIGHLIGHT ビール業界初!光るサーバー


この度ハイネケン社が、グラス内のビールがゴールドに輝くサーバー“HINEKEN HIGHLIGHT”を発表いたしました。
HEINEKEN_HIGHLIGHT001 HEINEKEN_HIGHLIGHT002
<ハイネケン社について>
ハイネケン社は1864年ジェラルド・ハイネケンによってアムステルダムで創業されました。
当時のヨーロッパにおいては、エールタイプの上面発酵のビールが主流でしたが、ハイネケン社はいち早く下面発酵方式を取り入れ、より安定した品質のビール醸造を可能にしました。以来、「Passion for Quality」をモットーとして、ヨーロッパ地域のみならず、アフリカ、アジア、アメリカ市場への進出を積極的に展開し、ヨーロッパでは販売量、売上高ともに第1位、全世界では販売量第3位(2013年実績では、17.8百万KLを販売)を誇るビールメーカーに成長を遂げています。ハイネケン社は、現在、世界71カ国、165か所でビール醸造を行っています。ハイネケン社が所有する銘柄としては、Heineken、Affligem、Desperados、Sol、Strongbow、Foster’sといった国際ブランドを始めとし、アジア地域においては、Tiger、Bintangなどがあり、全世界では合計200を超えます。

<ハイネケンビールについて>
ハイネケンブランドは、ハイネケン社創業後の1873年に誕生し、現在では、世界ナンバー1のプレミアムビールとして、世界170カ国以上で販売され、ハイネケン社総販売量の約20%を占めています。ハイネケンビール独自の「華やかでフルティーな香りとコクがありながらも飲みやすい味わい」を決定づける上で重要な役割を果たしている「A酵母」は、1886年にエリオン博士(細菌学者ルイ・パスツールの弟子)によって開発され、今日においてもオランダ本社で培養された酵母が世界中の醸造所に届けられています。「良質のビールを造るには、良質の酵母は不可欠」という創業者ジェラルド・ハイネケンの信念と品質へのこだわりに基づき、世界規模での厳格な品質管理を行っています。

<ハイネケンブランドのマーケティング活動について>
ハイネケンブランドは、コミュニケーション戦略のプラットフォームとして、スポーツ、音楽、映画、デザインの領域で様々な施策を世界規模で実施しています。UEFA Champions League、Rugby World Cupのスポンサーシップ、国際的な音楽フェスティバルの開催、あるいは、007シリーズをはじめとするハリウッド映画のオフィシャルパートナーを務めています。また、製品革新の面においては、エクストラコールド、家庭用5L樽など革新的かつ新しいビール飲用スタイルの提案をしています。また、近年は、ソーシャルメディア(Facebookなど)を積極的に活用し、世界中のハイネケンファンとのつながりを強化しています。
https://blog.tsushin.tv/wp-content/uploads/2014/03/HEINEKEN-HIGHLIGHT_InfoSheet.pdf

コメントを残す

Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On Google PlusCheck Our Feed