メンズウェアのクリエイションとテクニック~若手スチリスト達の仕事


過日、文化服装学院で「メンズウェアのクリエイションとテクニック~若手スチリスト達の仕事」というシンポジウムが行われた。
これは、現在文化学園服飾博物館で12/20まで展示されている「おとこのおしゃれ」展に関する企画であり、文化ファッション大学院大学の櫛下町伸一教授が座長となり、4名のパネリストに迎えてメンズファッションを語るというものであった。

ここで呼ばれたパネリストは以下の4名。全員文化服装学院の出身者である。

嶋崎隆一郎:1966年生まれ。無印良品のメンズデザイナーを経て1994年東コレデビュー。beige shop及びRYUICHIRO SHIMAZAKI hommeで活動していた。現在はDKNY MENのデザイナー。

有田一成:1971年生まれ。サヴィルロウのギーブスアンドホークスでカッティングの修行、その後銀座の壹番館でテイラリングの修行をし、2003年青山にTAILOR&CUTTERをオープン。

森崇:1973年生まれ。ISSAY MIYAKE MENのアシスタントデザイナーを経て、2005年よりデサントのMunsing Wearのブランドリバイバルプロジェクト「Penguin」のメンズデザイン担当。2006年には自身のブランドmolficを設立。

内田聖:1980年生まれ。レディスのクチュールを目指していたがメンズテイラードに興味を持ち転向する。
2005年中央区の支援を受け(中央区活性化プロジェクト)事務所を構え、HIJIRI UCHIDAをスタート。

“メンズウェアのクリエイションとテクニック~若手スチリスト達の仕事” の続きを読む